バイエルン国立歌劇場2017年日本公演 開幕記者会見レポート




 9月17日、バイエルン国立歌劇場2017年日本公演開幕記者会見が開催され、ニコラウス・バッハラー総裁はじめ、『タンホイザー』を指揮するキリル・ペトレンコ音楽総監督、さらに『タンホイザー』のメインキャスト、クラウス・フロリアン・フォークト、アンネッテ・ダッシュ、エレーナ・パンクラトヴァ、マティアス・ゲルネらが出席、公演への抱負を語りました。


k12.jpg


 会見が行われたのはペトレンコ指揮、バイエルン国立管弦楽団による特別演奏会の終演直後のこと。「たった今、演奏会を終えたところです」とバッハラー総裁は興奮気味に挨拶し、「前回の日本公演は6年前、2011年のことでしたが、東日本大震災直後の大変な状況の中でも、皆さんは理性的に、集中して、音楽に感動してくださった。音楽が人間にとっていかにポジティブな力を持つかということを、日本の方々と一緒に体験することができたのです」と力強く語りました。


ki1.jpg
ニコラウス・バッハラー (バイエルン国立歌劇場総裁)


 ついで、「日本中の皆さんが、彼の来日を楽しみにしていたと聞いています」と、ペトレンコを紹介。通常、インタビューを一切受けないことで知られるだけに、その第一声が注目される中、「人生初の日本ですが、本当に素晴らしい。特に食事が最高に美味しい(笑)」とマエストロは満面の笑み。「今回はモーツァルト、ワーグナーと、私たちが主軸にする作曲家の作品を聴いていただきますが、そこに超一流の歌手たちが加わる。期待を裏切らない公演になると、確信しています」。


pto.jpg
キリル・ペトレンコ (バイエルン国立歌劇場 音楽総監督)


  続いてマイクを渡されたフォークトは、今年5月、本プロダクションでタンホイザー役デビューを飾ったばかり。「私のこの役の日本デビューを体験していただけることを、楽しみにしています」。ダッシュも、日本でエリーザベト役を歌うのは今回が初めて。「日本で、これまでと全く違った役柄を歌えるのが楽しみです」。ヴェーヌス役、エレーナ・パンクラトヴァも「私は今回が3度目の来日。日本の皆さんに、私の新しい役をぜひ聴いていただきたい」。ヴォルフラム役で登場のゲルネは「日本でこのプロダクションのヴォルフラムを歌うことは、自分自身も楽しみ」と、それぞれに公演への思いを語りました。


ki3.jpg
クラウス・フロリアン・フォークト (『タンホイザー』タンホイザー役)

ki4.jpg
アンネッテ・ダッシュ (『タンホイザー』エリーザベト役)


 質疑応答の場では、この機会に、とペトレンコへ質問が集中。音楽における信条は、と問われると「いちばん大切なのはリハーサル」と回答。「大事にしていることは、リハーサルの段階でオーケストラと一つになること」。また、録音の数が極めて少ないことについて、「ライヴでの演奏のほうがより重要であり、価値があると思うのです」とも。また、なぜインタビューを受けないのか、という質問には、少しはにかむような笑顔を見せ、「理由はいろいろとあるんですが、自分の仕事については語らないほうがいいでしょう。指揮者は、指揮台から音楽を通じて皆さんに語りかけるもの。それに、私の仕事については、なるべく秘密があったほうがいいと思うんです」と、終始穏やかな口調で応じていました。


k11.jpg
マティアス・ゲルネ (『タンホイザー』ヴォルフラム役)

ki6.jpg
エレーナ・パンクラトヴァ (『タンホイザー』ヴェーヌス役)


「彼のリハーサルは本当に多くを学ぶことができる」とフォークト。ゲルネも、「ここまで楽譜を精確に読み取り、テキストを読み解く指揮者はいません。『タンホイザー』ではアンサンブルとソリストが一緒に歌う場面が多いけれど、それを実に素晴らしくコーディネートするのです」と賞賛の言葉を寄せていました。


ki8.jpg

 ペトレンコ指揮の『タンホイザー』は、いよいよ9月21日(水)に初日を迎えます(NHKホール)。9月23日からは『魔笛』が開幕(アッシャー・フィッシュ指揮、東京文化会館)、いずれも見逃せない舞台です。
(取材・文:加藤智子)





バイエルン国立歌劇場総裁 ニコラウス・バッハラーに聞く!②




いよいよ、6年ぶりとなる日本公演の開幕も近づいてきました!
本拠地ミュンヘンでは98%という、ヨーロッパの他都市と比べても高い観客動員率を誇るバイエルン国立歌劇場。
ニコラウス・バッハラー総裁に、作品や観客へのアプローチ、上演作品の見どころなど、興味深いお話を伺いました。

_________________________________

--大観光都市と比べても98%は驚くべき集客率ですが、その秘訣はなんだとお考えですか?

 ひとつは、最高水準のオペラを上演してきたという長い伝統。そしてもうひとつは、歌手や指揮者を含めた最高の陣容によって、とても現代的なアプローチをとっている点と言えるでしょう。
 実際に、バイエルン国立歌劇場の観客はすべての年齢層にわたっており、素晴らしい"ミックス"になっています。そして、この観客と特別な絆を築けていていると感じます。彼らは特定の歌手、特定の演目を観に来るのではなく、自分たちの生活の一部になっているから、繰り返し劇場に足を運んでくれているのです。
 マーラーは"伝統とは火を守ることで、灰を崇拝することではない"という言葉を残しましたが、まさにその通りです。ユニークな点は、我々の活動が、ミュンヘン市民の生活の一部になっているのだということでしょう。ミュンヘンは決して大きな都市ではありませんが、劇場はロンドンやパリと同規模です。けれども、彼らのおかげで、いつも劇場は大入りなのです。


HP10.jpg

--2008年から総裁を務めていらっしゃいますが、ご自分が変革されたことというと?

 自分が何かを変えたというより、人生というのは発展していくものです。同じように、芸術も少しずつ前に進んでいきます。芸術は感情であり、何かを伝えたい、という欲求です。間違ったアプローチがあるとしたら、芸術というものをただのイベントや飾りものだととらえることでしょう。芸術とは、人間性であり、エトスであり、モラルであり、社会にまつわるものです。何を社会に回帰するのかであって、現実逃避のためにあるのではないのです。
 例えば今回上演する『タンホイザー』は、人間のアイデンティティについての作品です。ワーグナーには哲学的なアプローチがあります。すべてのことが意味をもっていて、我々はその意味についてよく考えねばなりません。美しさのためだけではないのです。そして、それは現在を生きる人々に結びつかなくてはいけないのです。人々はそれが自分の問題とリンクしたときに、心を動かされるのです。


劇場において大事なのは観客です。そして、観客はモーツァルトの時代からやってくるのではないのです


--先ほど"現代的(コンテンポラリー)なアプローチ"、と仰っていましたが、具体的にはどういうことでしょうか。

 これは、何をするかという問題ではなく、むしろ必然と考えています。なぜなら我々は現代に生きているからです。
 劇場は博物館とは違います。(劇場でお見せするのは)いま現在、舞台上でおこっていることなのです。
 望むと望まざるとに関わらず、我々がモーツァルトやモンテヴェルディといったオペラを観に行くとしたら、21世紀の人間としてアプローチします。それを、モーツァルトの時代のやりかたで上演しようというのは、私にとっては完全に無駄で、ばかばかしいことのように思えるのです。

 劇場において大事なのは観客です。そして、観客はモーツァルトの時代からやってくるのではないのです。馬車に乗る代わりに、電気を使い、現代的な思考を持っています。家ではコンピューターを使っています。ですから、『ドン・ジョヴァンニ』や『魔笛』の持っている本質的な意味をとらえて、今日の人々に何を語るべきか考え直さなくてはいけないのです。
 私の考えでは、現代化を避けるということは、単純に不可能なことだと思うのです。なぜなら、その結果、例え美しい舞台ができたとしても、それは空虚なもの...何かの"額縁"に過ぎないからです。
 クラシックか、コンテンポラリーか、という選択肢はないのです。クラシック音楽を奏でたとしても、あなたは現代にいるのですから。時代から転げ落ちることはできないでしょう?

 モーツァルトが作品を作っていた時、彼の音楽はまさにその時代をあらわすものでした。モーツァルトは当時のポップ・スターのような存在だったのです。彼の時代において、彼は非常に「現代的」でした
 『魔笛』はそんな彼の人生そのもののようです。彼はフリーメイソンの一員でした。そして、社会の倫理や色々なことを描いています。我々はこういった点をとらえ、作品自体が虚ろなものにならないようにしなくてはいけません。
 もちろん、作曲家の精神や意図していることを考える時は、題材である名作を台無しにするようなことはできません。『魔笛』の設定を火星にはできないでしょう?
 やらなくてはいけないのは、今日に通じるポイントを探しあてることです。どういったことが現在も重要なのか、まだ解き明かされていない事柄はなにか...。私の仕事は、意味を保ちつつ、18世紀と今日を繋げるコネクションを探すことなのです。


HP8.jpg

『魔笛』において最も重要なテーマは、イニシエーションのプロセスなのです


--『魔笛』のお話がでましたが、今回日本で上演されるエヴァーディング版は1978年初演の"決定版"と称されるレパートリー、対してタンホイザーは4か月前に初演したばかりの最新作です。また、歌劇場に最も縁の深いモーツァルトとワーグナーの作品ですが、この2本の見どころをそれぞれお聞かせいただけますか?

 もちろん、見どころはプロダクションすべて、と思っていただけるといいですね!(笑)例えば、一人の歌手が見どころ、というようなことは、我々のコンセプトではないのです。劇場の全体像をお見せしなくては。

 当歌劇場が誇るエヴァーディング版の『魔笛』は長い間上演され続けていますが、今なお、とても"生きた"プロダクションなのです。本当に美しい作品ですので、是非お楽しみいただきたいです。
 『魔笛』という作品では、無邪気な純粋さが、まるで子供のような考え方、自然、それから精神世界と共に、18世紀らしい精神のもとに描かれています。しかしながら、この作品において最も重要なテーマは、イニシエーションのプロセスなのです。2人の若者が自分たちの人生の扉を開いていく。これが『魔笛』の主題なのです。

 そして、今回一緒に『タンホイザー』をご披露できるのを大変うれしく思っているのは、二作品とも同様の主題を持っているからです。『タンホイザー』もまた、一人の人間が自身を見つめる "旅"を描いています。もちろん、今回のタンホイザーでは、ペトレンコとカステルッチのコラボレーションを素晴らしいキャストでお贈りできるのも見どころです。


まるで家に帰ってきたような気持ちにさせてくれる、日本を訪れるのが大好きです


 日本はヨーロッパのオペラに対して、もっとも進んだ国だと思います。この2作品は、特に観客がオペラについて高い見識を持っていらっしゃる国でご披露するのに、もっともふさわしいと思っています。
 ミュンヘンでの公演が多くありますし、オペラのツアーとなると本当に大所帯になりますので、引っ越し公演はなかなか実現しづらいのです。香港、そして今度アメリカに行く予定もありますが、訪れる場所は多くはありません。そのなかで、日本公演は我々にとって長い伝統となっています。
 歌劇場一同、まるで家に帰ってきたような気持にさせてくれる、日本を訪れるのが大好きです。
 前回、2011年のツアーは(東日本大震災の後で)難しい時期の来日となりましたが、この経験は実に心の琴線に触れるものでした。私たちは、いい時だけに訪れるのではなく、日本の皆さまが困難に直面されている時に日本を訪れる、ということが大事だと思ったのです。そして、日本の皆さまに、我々の感謝の気持ちと、絆をお見せしたい、と。
 ですから、多くのカンパニーが日本公演をキャンセルしたあの時期に、絶対に日本に行かなくてはならない、と考えていました。

 今回の来日では、すっかり落ち着きを取り戻された日本を訪れることを、心より楽しみにしております。
 我々の舞台が、日本の皆さまのご期待に沿えることを願っています。


HP5.jpg


バイエルン国立歌劇場総裁 ニコラウス・バッハラーに聞く!①



 5月21日にミュンヘンで初演の幕が上がった新制作『タンホイザー』。ちょうど4か月後の9月21日に、いよいよ日本公演の初日を迎えます。
 2016/17年シーズンのオペラ新制作8演目のうち、音楽監督であるキリル・ペトレンコが手掛ける2演目の一つが、この『タンホイザー』。現地公演は全日程早々に完売、観客の期待の高さが伝わってきます。クラウス・フロリアン・フォークトを始めとした魅力的なキャストも話題ですが、今や、人気の指揮者や歌手は5年先まで予定が入っていると言われます。こういった新制作がどのように企画されていくのか、ニコラウス・バッハラー総裁にうかがいました。

____________________________________


--- バイエルン国立歌劇場で新制作のオペラを創る場合、プロジェクトはどのように始まっていくのでしょうか?

bach.jpg
ニコラウス・バッハラー
 新しいプロダクションを創るとなると、計画を始めるのは初演の4~5年前です。まず考えるのは指揮者。オペラにとって音楽が一番重要ですからね!それから、演出家を選び、キャストを決めていきます。
 新制作を創りあげていくというのは完全なるチーム・プレイです。初めから指揮者と演出家が、うまく協力しながら作品に向き合っていけるのが、理想的です。両者がよい関係を築くということは、プロジェクトの成功にとって重要なんです。とはいえ、私が知る限り、素晴らしい芸術家同士が仕事をする場合、問題が起こることは少ないですけれどね。
 『タンホイザー』の演出家ロメオ・カステルッチは、現在ヨーロッパにおいて大変著名なアーティストです。一方、指揮のキリル・ペトレンコは、おそらく彼の世代でトップの一人と言っていい才能の持ち主でしょう。こういった優れたアーティストたちは、一緒に仕事をしていくうちに、芸術的観点がどこかで折り合うものなのです。

 指揮者の大きな仕事の一つには、音楽的な選択があります。今回の『タンホイザー』であれば、ご存知のようにいくつか版がありますので、どの部分を使うかを決定していきます。当然、キャスティングにも関わっていきます。総裁として、私が果たす役目はこのチームの人選までです。もちろん何か問題が出た際は助け船を出しますが、作品を創りあげていくのは芸術家の仕事です。ミケランジェロが絵を描いている時に傍に行って、「ここをもうちょっと赤くしてほしいんだけど」なんて言えないでしょう!(笑) ある意味、私は人を選ぶことによって方向性を示した、とは言えるかもしれません。例えば、カステルッチ氏を起用するか、ほかの演出家を起用するかによって、出来上がる舞台は全く変わってきますから。


--- 新制作の際に、観客の嗜好や期待などを意識されることはあるのでしょうか?

ニコラウス・バッハラー
 いいえ ―― というより、それは不可能なことなのです。我々は車を製造しているわけではないのですから。もし車を作るのなら、今どういったタイプの車を人々が求めているか調べるでしょう。しかし、芸術とはそういうものではありません。我々が携わっているのは芸術であり、それが力強く、質の高いものであれば、人々は興味をもってくれます。――まあ、うまく行かなかった場合は、それまでですけれど(笑)


芸術は人々に驚きと、今までは思いつかなかった新鮮なヴィジョンを与えなくてはいけないのです


--- 観客は応えてくれる、という信頼がある?

ニコラウス・バッハラー
 そうですね、ミュンヘンの観客とはよい関係が築けていると思いますよ。就任当初はやはり難しいところもありましたが、今は観客も我々のやっていることをよく承知で、興味を持ってくれています。
 観客はいつも同じものが観たいのではなく、驚きを求めているのです。これは芸術において、とても重要なことだと思います。もし、観たものが全く想像通りだったとしたら、それは興味深いことでしょうか?
 芸術は人々に驚きと、今までは思いつかなかった新鮮なヴィジョンを与えなくてはいけないのです。もし劇場に来なかったら思いつかなかったような、「何か」を。それは必ずしも「新しい」事である必要はありません。
 例えば『タンホイザー』(のテーマ)は、自己のアイデンティティーを見つける旅です。これは誰しもが人生において経験することでしょう。人々は人生の中で、宗教的なこと、性愛的なこと、罪悪感などを体験していきますが、これはまさに"タンホイザーの旅"なのです。今回の舞台を見ることで、観客の皆さまが「何か」を見出してくださるよう、願っています


 バイエルン国立歌劇場のオペラ部門が誇る98%という観客動員率は、ヨーロッパの劇場の平均という50~60%をはるかに超えています。「これはとてもすごい数字です。ドイツに我々のような歌劇場は一つもありません」と誇らしげな表情を見せるバッハラー氏。このうち約80%が地元ミュンヘンの観客というから、両者の密接な関係は疑いようがありません。
 その秘訣をうかがうと、力強く「我々は観客との信頼関係を創りあげてきました。彼らは歌劇場の様々な上演作品に広く関心を持ち、繰り返し劇場に足を運んでくださるのです。バイエルン国立歌劇場は、今やミュンヘンの"生活の一部"なのです!」  (②に続く)





バイエルン国立歌劇場 広報部長インタビュー(後半) ~ペトレンコが指揮をすると全く新しい作品に聴こえるほど観客に新鮮な驚きをもたらすのです~



バイエルン国立歌劇場の日本公演まであと28日!
本日はバイエルン国立歌劇場スタッフ、クリストフ・コッホさん(広報部長)のインタビュー後半をお届けします。『タンホイザー』の創作過程について、興味深いお話を聞かせてくれました。

________________________________________________


HP4.jpg


- バイエルン国立歌劇場では、オペラやバレエの上演に際し、たくさんのイベントを行っていますね?

クリストフ・コッホ
  毎年シーズンの最後に〈オペラ・フェスティバル〉を行います。今年は2つの大切なプレミエ公演があり、『オベロン』(ウェーバー作曲)と滅多に上演されない『烙印を押された人々』(シュレーカー作曲)を上演します。大劇場だけではなく、300席くらいのミュンヘン市内の小さな劇場でも上演しますし、上演に付随したワークショップ、子どものためのオペラなど、たくさんの面白い企画をお見せします。
 7月9日に上演する『タンホイザー』の他、前述の2つのプレミエ(『オベロン』、『烙印を押された人々』)はWEB上から無料でご覧いただけます。バイエルンに足を運ばなくても観られますので、日本のお客様にもぜひ観ていただきたいと思います。


- 〈オペラ・フェスティバル〉の期間はものすごく忙しくなりそうですね。

クリストフ・コッホ
 本当にそうなのです! 1週間に5つの異なる作品の上演、小規模な作品、付随するコンサートやイベントなど、盛りだくさんです。大劇場(バイエルン国立歌劇場)だけではなく、プリンツレゲンデン劇場という小さな劇場でもオペラを上演します。数日という短い滞在期間でも様々なオペラを観ることができますので、遠くから来てくださるお客様にとってはとても良いと思います。あまりにもたくさんの舞台があるので、とても全部は観られないですよ!


ペトレンコが指揮をすると全く新しい作品に聴こえるほど観客に新鮮な驚きをもたらすのです。


- 新作の制作過程についてお尋ねします。演出家カステルッチと指揮者ペトレンコはどのようにして作品を創っていったのでしょうか?

クリストフ・コッホ
 演出家と指揮者はつねに話し合います。このような大きなプロダクションの場合はリハーサルに2か月時間をかけます。その間何度も直接話し合います。演出も音楽もどちらもとても大事なものですから、どちらが優位にたつということはありません。お互い意見を出しあって話します。『タンホイザー』の出来栄えについてはみんな満足しています。
 ペトレンコはつねに素晴らしい指揮をします。レパートリーは幅広く、プッチーニ、ツィマーマン、ショスタコーヴィチ、スクリャービンなどいくつもありますが、どの作品も細部にまでこだわって磨き上げ、みなさんが知っている曲でも、彼が指揮をすると全く新しい作品に聴こえるほど観客に新鮮な驚きをもたらすのです。


HP7.jpg


- バッハラー総裁は今回のニュープロダクションの上演にあたり、どのように関わったのでしょうか?

クリストフ・コッホ
 総裁の仕事は演出家と指揮者、そして歌手のエキサイティングな組み合わせを考えることです。彼はカステルッチを選び、この公演を実現させるために働きますが、舞台の中身に関して口をはさむようなことはありません。カステルッチとペトレンコの組み合わせについては4年前から計画していました。
 出演する歌手はペトレンコとバッハラー、2人で一緒に選びました。


- バイエルン国立歌劇場はまたカステルッチと仕事をしたいと考えているのでしょうか?

クリストフ・コッホ
 将来の計画について今申し上げることはできません(笑)。ですが、劇場のみんなは彼と『タンホイザー』を創ることができて幸せでした。彼がすぐに戻ってくるわけではありませんが、また彼がきてくれたら私たちは歓迎するでしょう!







バイエルン国立歌劇場『タンホイザー』 紹介映像


バイエルン国立歌劇場 2017年アジアツアー紹介映像

公演関連情報 2017年8月16日 20:22



バイエルン国立歌劇場の日本公演まであと35日!
この9月の舞台は、歌劇場が台湾、韓国、そして日本と3か国をまたにかけて行うアジアツアーのファイナル公演でもあります。
今回のアジアツアーでオペラを上演するのは日本だけ、しかも5月に初演したばかりの『タンホイザー』を半年とたたないうちに上演することから、日本公演に対するなみならぬ意欲を感じます。現地ミュンヘンでは全6公演がほぼ即完売してしまい、観られない観客が続出した舞台がいよいよ日本に上陸します。

そんなバイエルン国立歌劇場から、アジアツアーの紹介映像が届きました。
『タンホイザー』、『魔笛』の舞台映像の他、ペトレンコが指揮をする貴重な姿、フォークトのメッセージ、そして日本公演に特別に出演するアンネッテ・ダッシュのメッセージなど、盛りだくさんの豪華な紹介映像です。

この映像をご覧いただけば、ヨーロッパ随一の歌劇場の舞台への期待がますます高まるのではないでしょうか。











ページトップへ