ロメオ・カステルッチの語る 新『タンホイザー』~エピソード3「肉欲」



 バイエルン国立歌劇場『タンホイザー』プレミエ、現地での公演は残すところ7月9日のオペラフェスティバルでの上演を残すのみとなりました!日本に上陸するまであと3か月です。


HP3.jpg

~ 『タンホイザー』 リハーサル風景 ~


 ミュンヘン現地では全7公演が即完売してしまい、チケットが全く手に入らない状況が続いているとのこと。来シーズンは『タンホイザー』の上演がないため、ペトレンコ指揮の『タンホイザー』を聴けるのは日本公演が最後になってしまう可能性があります!


HP2.jpg

~ 『タンホイザー』第1幕より タンホイザー役のフォークト(写真左)、ヴェーヌス役のパンクラトヴァ(写真右) ~


 そんな貴重な『タンホイザー』をよりお楽しみいただけるようにお贈りしております、演出家ロメオ・カステルッチの語る演出コンセプト第3弾!今回は「肉欲」をテーマに語っています(なんだかドキドキするタイトルです)。






(翻訳)
ロメオ・カステルッチの新演出におけるシンボル ~ エピソード3  「肉欲」  

台本を注意深く読めば、ヴェーヌスが象徴しているのは、美や喜びではなく肉欲に対する嫌悪であることはお分かりになるでしょう。
皆さんが舞台上で見つけるのは、皮膚だけ、つまり表層です。
そこに肉体はなく、あるのは皮膚のみ、被覆、窒息。
それは子供時代の窒息のトラウマ。
タンホイザーはこの皮膚から自らを解放し、なにか本質を見つけだそうとします。
タンホイザーの最初の台詞、「もう十分だ!」がキーワード。
つまり彼の肉欲の恐るべき経験を意味しています。
私にはこの糸がワーグナーの中にどのように貫通しているのかが見えます。
美はヴェーヌスの中には存在しないのです。美とは理想であり、実在しないのです。
ワーグナーにとって、美とは手の届かない、到達不可能なものなのです。
一方、エリーザベトは、世俗ではない、神聖な愛のシンボル。
だからこそエリーザベトは、真にエロティックな誘惑を描き出すのです。
エリーザベトが唯一の欲望の対象であるからこそ、彼女は到達不可能な、触れることすらできない人物なのです。
つまりエリーザベトは並外れた、エロティックな欲望の対象なのです。



バイエルン国立歌劇場2017年日本公演 ビデオメッセージ集 vol.4 〜クラウス・フロリアン・フォークト(『タンホイザー』タンホイザー役)


シリーズでお贈りするバイエルン国立歌劇場日本公演、出演歌手のビデオメッセージ。
第4弾はいよいよ『タンホイザー』でタイトルロールをつとめるクラウス・フロリアン・フォークトが登場!!
普段の話し声も美声のフォークト、舞台映像とあわせてお楽しみください!




 




★バイエルン国立歌劇場2017年日本公演
 
公演の詳細はこちら>>>


『タンホイザー』プレミエ ~現地の公演評 ③~

公演関連情報 2017年6月16日 17:23

シリーズでご紹介している『タンホイザー』プレミエの公演評(抄訳)。
最終回はドイツを代表する新聞のひとつ、南ドイツ新聞に掲載された評をご紹介します。
ぜひご一読ください。


南ドイツ新聞 2017年5月23日付

圧倒的なタンホイザー

ワーグナーのオペラの初日後はブーイングの嵐が見込まれるが - それは一般の人々の歓声に沈んだ。今宵の公演には、演出家の比喩的な言葉に関しては、いくつか論議されるところがあるのは確かであるが。

アンドレアス・シューベルト

T8.jpg

 多くのブーイングをロメオ・カステルッチは、かなり早く消化したようであった。初日の後のパーティーでは、イタリアの演出家はかなりリラックスしていた。バッハラー総裁が演出を賞賛し、出席のメンバーから多くの拍手をもらったことにもよるのであろう。バッハラー総裁は、今回のキャスティングは全ての役で現在最高の歌手であったこと、そしてワーグナーのオペラの初日で必ず語るように、「ここミュンヘンでは作曲家の精神(魂)が今でも感じられるので、"なにか特別なもの"であった。」と述べた。

 だからといって、新しい『タンホイザー』が観客に不評だったということではない。終演後のカーテンコールで歓声に包まれた歌手たちのあとにカステルッチが舞台に出ると、ブーイングの嵐が待っていたのは、モダンな演出の際には常である。しかし、それに対して多くのブラボーもあった。
 ブーVSブラボー:これはミュンヘンの良いオペラの初日には、つきものである。今回のオペラの2回の休憩時間は、日曜日の午後の陽光に輝くオペラハウスの階段をそぞろ歩く観客の中にバイエルン州の文部大臣ルードヴィッヒ・シュペレがおり、顔を輝かせて「大変に素晴らしい」そして最上級の賛辞「圧倒的」と言った。今宵の公演には、特に演出家の比喩的な言葉に関しては幾つか議論されるところがある。シュペレ大臣は血を連想させるシーンでは、オーストリアのヘルマン・ニッチュ(血のアーティストとよばれた)を思い起こしたそうだが、これは彼だけではなかったであろう。
 しかしながらオペラが多くの議論の素材を提供するならば、それだけでオペラを見に行ったかいがあるというものだ。

 クラウス・フローリアン・フォークト(タンホイザー)は、まさに長距離走行を終えたばかりのようだが、にこやかなカーテンコールであった。ワーグナー・テノールの役には経験豊富な彼だが、タンホイザー役はこれがデビューであった。新しいタンホイザーの誕生に、「今は、本当にほっとした気持ちです」と。カーテンコールではまずプロンプターに握手をした。「彼には本当に助けられました。」初演後のパーティーでは魅力的な笑顔で、「今晩は長く祝っていたい!」と語った。。


〜 『タンホイザー』プロモーション映像 〜


 
 



>>> 『タンホイザー』プレミエ 〜現地の公演評 ①〜 はコチラ


>>> 『タンホイザー』プレミエ 〜現地の公演評 ②〜 はコチラ


『タンホイザー』プレミエ ~現地の公演評 ②~

公演関連情報 2017年6月14日 18:25


シリーズでご紹介している『タンホイザー』プレミエの公演評(抄訳)。
2回目は海をこえて、アメリカはニューヨークの新聞に掲載された評をご紹介します。
ぜひご一読ください。



ニューヨーク・タイムズ 2017年5月23日付

オペラ愛好家たちよ、『タンホイザー』のためにミュンヘンに巡礼したまえ

ザッカリー・ウールフィ


b1.jpg

 ミュンヘン――「Nach Rom(ローマへ)!」。ワーグナー作曲『タンホイザー』のキャスト達が、第2幕の終わりに叫び、主人公をローマ巡礼の旅へ駆り立て、彼の苦悩する魂を救おうとする。
 私も言わせてもらおう、「ミュンヘンへ!」。オペラ愛好家たちよ、いざミュンヘンへ。バイエルン国立歌劇場で5月21日(日)に開幕した『タンホイザー』は、挑発的な演出家ロメオ・カステルッチによる新演出であるが、これを聴けばあなたもきっと救われたと確信することだろう。この舞台を聴くことで、あなたの天国での居場所が確保されるかどうかは分からないが、少なくとも、オペラの持つ生命力というものに対するあなたの信頼が新たにされることは保証しよう。

 バイエルン国立歌劇場の音楽総監督であり、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の次期首席指揮者であるペトレンコは、作品のぎこちなさを抱擁し、炎のように駆け抜けた。吟遊詩人であり、慢性的に不満を抱えた中世の騎士タンホイザーは、物語の始まりで、ヴェヌスの官能的な快楽を求めて、自分の故郷と純潔なエリーザベト(まあ確かに、少々退屈であったろうから)のもとを去る。作品の始まりの酒池肉林の音楽の怒涛の豪華さには、ワーグナーが最後に完成した『パルジファル』の、複雑で、めまいのするような白熱がある。
 しかし第二幕の終わりは――タンホイザーがヴァルトブルク城に戻り、彼のヴェヌスの隠れ家への冒険が明かされ人々から侮辱されると、ついにローマへの巡礼を決意する瞬間――、ペトレンコはその場面を安定感と忍耐力をもって構築する。その音楽は、19世紀初頭の音楽に対する敬意と、ロッシーニやベッリーニのグランドフィナーレを告げているかのようだ。
このようにワーグナーの初期と晩年の二つの側面を結ぶのは、まさにペトレンコ氏の自制されたエネルギーだ。それはオーケストラの根源から湧き上がってくる。注意深く聴けば、一貫して金管楽器と弦楽器の暖かな、豊かな、完璧な正確さが聴こえる。その音楽は必ずしも口笛を吹きたくなるようなものではないかもしれないが、むしろ、足場のようなものであり、その上に重ねられる主旋律に強度と意図を与えるものなのだ。

 ペトレンコは音楽に新鮮な活力をもたらし――音の大きさや速さといった表面的な迫力ではなく、筆舌に尽くしがたい壮大さと威厳をもたらしている――、そして彼のキャストもまたしかりである。奔放なエレナ・パンクラトヴァ(ヴェヌス役)や、厳然としたゲオルグ・ゼッペンフェルト(ヘルマン役、エリーザベトのおじ)も。
タンホイザー役を初めて歌うクラウス・フロリアン・フォークトは、ヘルデンテナーの重みを持ちながらも純粋な、ほとんど少年のようなトーンでエリーザベトの声に寄り添う。



~『タンホイザー』 プロモーション映像 ~








『タンホイザー』プレミエ ~初演の公演評 ①~

公演関連情報 2017年6月12日 15:34



去る5月にプレミエをむかえた『タンホイザー』は、ドイツ国内外の多くのメディアによって大々的にその成果が報じられました。公演評(抄訳)を本日から3回にわけてご紹介します。ぜひご一読ください。


南ドイツ新聞  2017年5月23日付

この世界からではなく

このミュンヘンの『タンホイザー』は、理想的世界におけるオペラはどうありうるかを示している。ロメオ・カステルッチの演出は魂の深淵へと導き、キリル・ペトレンコの指揮はセンセーショナルで多面性に富んでいる。そしてまずは合唱が素晴らしい!

ライハルト・J.ブレンベック


HP1.jpg

 舞台上は全てが暗く、もやに覆われているようで、暗闇の中。唯一の色は赤で、それが血を連想させる。ゆっくりと回る白い巨大な円盤だけが目に入るが、そこに赤い色が滴り、だんだんと全体に広がり輝いてくる。ワーグナーの『タンホイザー』のロメオ・カステルッチ演出の新プロダクションがミュンヘンのオペラハウスの舞台に展開され、そこでは最も隠された、裂け目だらけの人間の魂の深淵を見出す。
 オーケストラは音楽総監督のキリル・ペトレンコの最高潮の指揮のもと、この深淵を探索するにふさわしいサウンドで演奏する。そこでは原不安と恐怖を体験せねばならず、ノイローゼとノスタルジア、そして脅迫観念と不安感。それらが5時間以上カステルッチの演出で続く。このように舞台と音楽が同じ根本理念を追うことは、大変に珍しいことである。

 カステルッチの演出ではヴォルフラム役は動きが少なく十分にその声を聴かせられるが、それに加えてペトレンコのセンセーショナルな弱音と多面性のある音楽で、この役の影、痛み、絶望などがよく表される。ペトレンコは、オペラが理想の世界ではどうありうるか、そしてオペラを実際の世界でこれまでにないほど良く観客に提示してくれた。その音楽は、後のワーグナーのスコアーをいろいろな色に輝く壊れやすい万華鏡で見るよう

 ペトレンコは各フレーズを、愛情を込めて独自の解釈で息づかせ、ワーグナー初期のスコアーのこれまで見過ごされていたような瞬間をはっきりとさせた。『タンホイザー』は彼の後記のオペラにおける全ての要素を含んでいて、それらは後により精錬されて展開されたことが分かる。ヴェヌスの世界の半音階は、『トリスタン』へと繋がり、コラール(聖歌)合唱は『ローエングリン』と『パルジファル』に繋がる。狭い日常の人間世界の慣習は『マイスタージンガー』へ、聖女または娼婦はクンドリーへと、というように、ペトレンコの『タンホイザー』では、いろいろな色に輝く、壊れやすいが美しい万華鏡で、ワーグナーの後のオペラの仕上がりの形を見るようであった。

 クラウス・フロリアン・フォークトは今回初めてタンホイザーを歌うが、彼のローエングリンは世界的に有名で卓越している。ローエングリンは救済をもたらすが情熱とは無縁で、タンホイザーとは全く反対の人物である。フォークトは明るく、オーケストラのどんなフォルテッシモでも超える声で、難しい箇所でも難なく歌い上げるのは本当に素晴らしい。彼はその明るい声の音色を暗くしたり、制限したりしないので、タンホイザーの苦悩を歌うときは、情熱がないようにも感じられたが、全体としては不可能を極端までに要求していく反逆的タンホイザー像に、ペトレンコの指揮、カステルッチの演出によって導かれたのは幸いであった。



~ 『タンホイザー』プロモーション映像 ~

   
 

ページトップへ