オペラの喜びと舞台の夢にあふれたエヴァーディング版《魔笛》 

インタビュー・レポート 2017年3月25日 13:59


演出が次々と現代的に塗り替えられていくドイツのオペラ界で、楽都ミュンヘンの至宝として変わらぬことなく上演されているエヴァーディング版「魔笛」。その魅力を音楽評論家の奥田佳道さんが紹介します。


small600_LM0A5409.jpg


オペラの喜びと舞台の夢にあふれたエヴァーディング版《魔笛》 

奥田佳道(音楽評論家)


 月とシルエットを成す夜の女王に、パパパの二重唱に導かれ、ステージを彩るたくさんの子供たち。
 
 ここにオペラの喜びが、舞台の夢がある。深遠なテーマ、ドラマも美しく、さりげなく映し出される。もちろんユーモアはたっぷり。これぞメルヒェン。何度体感しても素晴らしい。


 神に愛されし者アマデウスをミドルネームに戴くモーツァルトが、天に召される年に紡いだ奇蹟の歌芝居「魔笛」──Die Zauberflote, The Magic Flute, La Flute enchantee, Il flauto magico──魔法の笛が多様なドラマに寄り添い、幻想的な空間を愛でたステージ。
 
 それが楽都ミュンヘンの「魔笛」。伝統と格式を誇るバイエルン国立歌劇場が、まさに宝物のように上演し続けているエヴァーディング演出の「魔笛」である。


 オペラ上演はもちろん進化する。モーツァルト、ワーグナー、リヒャルト・シュトラウス。ヴェルディにプッチーニ。わたしたちはたくさんの舞台を楽しんでいる。古典あり、大胆な読み替えあり。近年は抽象的なオブジェやプロジェクション・マッピングを効果的に用いた上演、それにセミ・ステージ形式のオペラも人気だ。


 しかしドイツ語の歌芝居であるジングシュピール「魔笛」は、20世紀後半のミュンヘン演劇界、オペラ界を牽引してきたアウグスト・エヴァーディングの、哲学的な問答もモーツァルトの戯れもお任せあれの舞台を経験しないことには、何も始まらないのではないか。40年近く経っても色褪せないエヴァーディングの演出、夢を育むユルゲン・ローゼのまさにファンタスティックな衣装、美術。古典の様式美がそこにある。その美しき環のなかで、今どきの指揮者や歌い手が羽ばたこうとしているのだ。


small600_LM0A5874.jpg

 ミュンヘンの室内演劇場、ハンブルク国立歌劇場を経て1970年代中葉からバイエルン国立歌劇場の舞台を任され、同劇場の総支配人、バイエルン演劇アカデミーの総裁などを歴任したアウグスト・エヴァーディング(1928~1999)は、声高に申すまでもなく、筋金入りの、根っからのテアター・マンだった。ちなみにジョン・ノイマイヤーをハンブルクに呼んだのもエヴァーディングである。


 ハンブルクの「ローエングリン」にミュンヘンの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、バイロイトの「トリスタンとイゾルデ」、パリの「ドン・ジョヴァンニ」、ウィーンの「パルジファル」「シャモニーのリンダ」、ウィーンで製作された「ヘンゼルとグレーテル」ほか、歴史的な舞台は、まさに枚挙にいとまがない。メトロポリタン・オペラでの構えの大きなワーグナー、リヒャルト・シュトラウスを挙げる方もいるだろう。2000年から昨年まで新国立劇場で上演された「サロメ」もエヴァーディングの舞台だ。
 
 幾重ものメッセージを放つ「魔笛」の音楽とドラマに想いを寄せたエヴァーディングは、バイエルン国立歌劇場の音楽総監督(後に総裁を務めた)ウォルフガング・サヴァリッシュ(1923~2013)と相談の結果、第19曲=パミーナ、タミーノ、ザラストロによる三重唱<愛する人よ、もう二度とあなたを見ることはできないのでしょうか=私たちは、もう会えないのですか>を第2幕の「冒頭部」に移したが、その伝統は受け継がれているだろうか。
 
 バイエルン国立歌劇場はこの夏、十八番の「魔笛」をあらためて上演する。タクトを執るのは、エルサレム出身の鬼才アッシャー・フィッシュで、2016/17年シーズン、ミュンヘンでは「椿姫」「ファルスタッフ」「仮面舞踏会」「運命の力」そして「魔笛」を任されている。古典の様式美に、新たな光が差し込むか。開演が近い。


small600_LM0A5937.jpg 
photo:Wilfried Hoesl
 


オペラへの招待 [1]~うわさのペトレンコが、もうすぐベールを脱ぐ

インタビュー・レポート 2017年3月16日 21:49


この秋のバイエルン国立歌劇場日本公演に向けて、音楽ジャーナリストの飯尾洋一さんによる連載コラムがスタート。親しみやすい語り口で歌劇場や作品、オペラの鑑賞術を紹介します。

small_Kirill Petrenko C) W. Hテカsl.jpg
うわさのペトレンコが、もうすぐベールを脱ぐ

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)


 ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場といえばドイツを代表する歌劇場。19世紀半ばにはルートヴィヒ2世の庇護のもと、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」や「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を初演した名門中の名門である。

 そのバイエルン国立歌劇場で2013年より音楽総監督の重責を果たすのが、キリル・ペトレンコだ。今回、バイエルン国立歌劇場とともに待望の初来日を果たす。キリル・ペトレンコは2015年にベルリン・フィルの次期首席指揮者・芸術監督に選出されたことで、一躍注目を集める指揮者となった。

 ペトレンコを巡るストーリーはドラマティックだ。東京には毎日のように世界最高クラスの音楽家たちがやってくるというのに、天下のベルリン・フィルの次期芸術監督はいまだ来日したことがない。しかもこのウワサの才人は録音もごくわずか。どんな演奏をする指揮者なのか、ためしに録音を聴いてみようと思っても選択肢が極端に少ない。一昔前と違って、今はスター指揮者が次々と新録音をリリースするような環境にはないのだが、それにしてもメディア上でのキリル・ペトレンコの活動はかなり控えめだ。

 にもかかわらず(あるいはそれゆえに?)、日本国内でのキリル・ペトレンコへの期待は高まるばかりである。なにしろ、ベルリン・フィルの次期芸術監督決定までのプロセスが劇的だった。事前にさまざまな憶測を呼んだ楽団員投票日、ベルリン・フィルの発表は「決定に至らず」。固唾をのんで見守っていた世界中のクラシック音楽ファンが肩透かしを食らうことになった。それから数か月後、突然ベルリン・フィルは記者会見をインターネットで配信し、次期音楽監督がキリル・ペトレンコに決まったと発表した。「えっ、ペトレンコって......だれ?」(ざわ...ざわ...)。そこからだ。日本では十分に報じられていないが、この指揮者がいかにバイエルン国立歌劇場とともに快進撃を続けているか、バイロイト音楽祭での指揮ぶりはすばらしかった等々の評判が盛んに伝えられるようになったのは。ベルリン・フィルのデジタル・コンサート・ホールに収められたペトレンコのライブはお宝映像となった。

 今、自分のなかでキリル・ペトレンコは「幻の指揮者(期間限定)」に分類されている。過去を振り返って、セルジュ・チェリビダッケ、カルロス・クライバーと並べて三大「幻の指揮者」に列してもいいくらいだ。録音活動を拒否していたため海外ライブのラジオ放送が頼りだったチェリビダッケ、そもそも指揮すること自体がまれだったカルロス・クライバー、そして世界最高峰のオーケストラと歌劇場を率いるのに日本ではぜんぜん聴けないキリル・ペトレンコ。

 しかしキリル・ペトレンコはあくまで期間限定の幻の指揮者。ついにバイエルン国立歌劇場との来日でベールを脱ぐ。「こんなにすごい指揮者がいたのか」と海外から伝わる評判に臍(ほぞ)を噛むのもあとしばらくの辛抱だ。 ☆


small_Kirill Petrenko_South Pole c) W.Hoesl 5M1A7799 (600) (2).jpg

photo:Wilfried Hoesl


バイエルン国立歌劇場2演目セット券 NBSWEBチケット先行発売2/27(月)21時開始!

公演関連情報 2017年2月26日 23:39


  キリル・ペトレンコ音楽総監督率いるバイエルン国立歌劇場2017年日本公演の「タンホイザー」「魔笛」2演目セット券(S、A、B席)のNBSWEBチケット先行発売がいよいよ開始! 2/27(月)21:00~3/6(月)18:00までの期間に座席選択でいち早くチケットをお求めいただけます。

 また今回、2月27日(月)21:00~3月31日(金)23:59の期間にNBSWEBチケットおよびNBS電話受付(3月18日10:00~3月31日(金)18:00)で2演目セット券をお求めいただくと、通常の特典である公演プログラムのほかに、「早得」キャンペーンとして、ドリンクサービス券1セットにつき1ドリンク進呈と、抽選で200名様にキリル・ペトレンコ指揮『タンホイザー』最終舞台稽古へのご招待という追加特典もあります。よいお席と特典で感動も倍増のオペラ鑑賞をお楽しみください。


●「早得」キャンペーンについてはこちらをご覧ください>>


small_credit_Bayerische Staatsoper - Nationaltheater c) Felix Loechner.jpg
 

 


バイエルン国立歌劇場2演目セット券「早得」キャンペーン

2017年2月14日 15:13


このたびバイエルン国立歌劇場2017年日本公演の2演目セット券「早得」キャンペーンを実施いたします。キャンペーン期間内にご購入いただいた方には、下記の特典をさしあげます。


購入者全員プレゼント
(1)公演プログラム(予価\2,500)1セットにつき1冊
(2)ドリンクサービス券1セットにつき1ドリンク

さらに、抽選で200名様を
キリル・ペトレンコ指揮『タンホイザー』最終舞台稽古にご招待いたします。


small_trim_Kirill Petrenko 2015 c) W. Hテカsl.jpg

■キャンペーン期間
2017年2月27日(月)21:00~3月31日(金)23:59ご購入分まで

■キャンペーン対象
キャンペーン期間中にS席・A席・B席をセット券でご購入のお客さま。
セット券をご購入いただいた方、全てが対象となり自動的に権利が付与されます。

■対象チケット前売り所
NBSチケットセンター
NBS WEBチケット


*キャンペーンに関するお問合せは下記まで
NBSチケットセンター TEL03-3791-8888
(受付時間 平日10:00-18:00 土曜10:00-13:00)

photo:W. Hoesl



※やむを得ぬ事情により、予告なく特典内容が変更となる場合がございます。予めご了承ください。 
※この特典の換金・譲渡・返却・交換はできません。 
※公演プログラム引換券、ドリンクサービス券、最終舞台稽古抽選応募申込のご案内は、2017年 
6月下旬ごろ発送の予定です。 
※キャンペーン期間後にご購入の場合は、公演プログラムを1セットにつき1冊進呈いたします。 


キャンペーン詳細条件 
※抽選対象は、以下の前売所でチケットをご購入の方とNBS オペラ・フェスティバル特別鑑賞会員 
の方で追加券をセット券の条件でご購入いただいた方とさせていただきます。 

【対象チケット前売所】 
・NBSチケットセンター/NBS WEBチケット 
オペラ・フェスティバル特別鑑賞会会員の方で、更に追加券のご購入をご希望の方は2017年3月31 
日(金)までにNBSチケットセンターまでお電話でお申込みください。 

【最終舞台稽古】 
・最終舞台稽古の抽選申込権利は1セットにつき1応募となります。 
・抽選応募方法は、6月下旬頃にお送りいたします。ご案内の内容をご確認の上、ご応募ください。 
・転居や長期不在、メールの送信エラーにより当選のご連絡ができない場合、当選を無効とさせて 
いただく場合がございます。 
・当選の有無に関するお問い合わせはご遠慮ください。 

【公演プログラム・ドリンクサービス】 
・引換券は、NBSが主催するバイエルン国立歌劇場2017年日本公演の公演期間中、公演会場のみ 
にてご利用いただけます。 
・公演プログラム引換券1枚につきプログラム1冊、ドリンクサービス券1枚につき1ドリンクの引換とな 
ります。 
・引換券を紛失した場合、引換券の再発行はいたしません。 


ページトップへ