伝説の名演出「魔笛」〜舞台美術からその魅力にせまる〜前半

公演関連情報 2017年7月18日 20:21

伝説の名演出「魔笛」〜舞台美術からその魅力にせまる

2017年7月18日


いよいよバイエルン国立歌劇場の日本公演まで2か月とせまってまいりました。
今回上演する『タンホイザー』、『魔笛』、いずれも歌劇場が得意とする作品ですが、中でも『魔笛』は初演以来39年間、毎年のように上演され続けてきた大ヒットプロダクション。次々と新演出がうまれるドイツの劇場において、一つの演出がこれほどまで長く変えられずに上演されるというのは極めて珍しいことです。
そんな万人に愛される『魔笛』の魅力について、バイエルン国立歌劇場に28年も勤務されている唯一の日本人スタッフ、三浦真澄さん(背景画家)にたっぷりと語っていただきました。本日から2回にわたってお届けします。

Q1 今回日本公演では『タンホイザー』と『魔笛』の2作品を上演いたします。この演目を日本で上演することにおいてはどのように思われますか?

バイエルンでは「HOUSE GOD」と呼ばれる3人の作曲家がいます。モーツァルト、R・シュトラウス、そしてワーグナーです。劇場としてもゆかりの深いこの3名の作曲家の演目に特に力を入れていますので、その作曲家のオペラを日本にもっていけるのはやはりいいなと思います。

バイエルン国立歌劇場 オーケストラピットからみた客席

バイエルンでは新しい演出が多いのですが、『魔笛』、『チェネレントラ』、『ボエーム』、『ばらの騎士』など、一部のオペラは伝統的な演出を続けています。演出を変えるか否かというのはその時の総裁が決定することですが、やはり昔からのお客様を大事にしているといいますか、レパートリーは劇場にとっての財産ですから、傷んだ部分を修復しながら大切に使っています。背景画はそれほどでもないのですが、やはりパネルは舞台上で組み立てたり解体したりするものなので、一定の期間で修復をしないと持ちません。

その意味で、今回の日本公演では映像なども使った最新の『タンホイザー』と絵(画)で魅せる伝統的な『魔笛』、バイエルンという劇場の2つの面を観ていただけるというとても良い組み合わせだと思います。

"幕だけで魅せることができる"『魔笛』

Q2 特に『魔笛』のプロダクションには深く関わっていらっしゃるとのことですが、三浦さんからみてどのような点が魅力だと思いますか?また、「ココが面白い」というポイントがありましたらぜひお話ください。

この『魔笛』は1970年代に創られたものでもう40年近くになります。時代とともに少しずつ演出の内容も変わってきたのですが、10年ほど前、"もう一度『魔笛』を復活させよう"ということで、昔のデザイン画とその時に舞台で使っていたものを見比べ、(美術を担当した)ユルゲン・ローゼさんにも来ていただいて検証したんです。やはり長い年月の間に欠けていったものがありますから、その部分を描きなおし、それからローゼさんが新たに手を加えたりして復活させ、現在にいたります。

この演出の特徴としては最後のタミーノとパミーナによる火と水の試練の場面では大きな仕掛けがあるのですが、それ以外の場面では"幕だけで魅せることができる"という点が挙げられます。

70年代は今のような技術がなかったので、紗幕をよく使っていたんです。たとえば、紗幕に透けない布を貼って、正面から照明をあてると紗幕に描かれた画がうきあがります。後ろから照明をあてると紗幕の画はとんでしまい、布のシルエットが際立ってみえるというように、シンプルながらに非常によく考えられた演出です。

例えば、1幕で夜の女王が登場するシーン。客席からみると幕にライトがついていて、それが光っているようにみえます。今の演出ならばLEDライトをつけてそのようにするかもしれませんが、この演出では違います。小さな穴が無数にあいた幕を用意して、そのすぐ後ろに透ける白いスクリーンをたらします。そのスクリーンの後ろから光を当てると、穴から光がもれ、まるでライトがついているように輝きだすという仕掛けなのです。他にも、モノスタトスが寝ているパミーナに近づく場面では、彼の家来たちが後ろの幕をくるくるとまるめてもっていってしまうと、その後ろにパミーナがいたりと、ちょっとした幕の使い方で非常に効果的に魅せています。

今の若い方はこの『魔笛』のようなオペラを観ていないので、このような技術を知らないんです。その意味でもとても貴重な演出だと思います。

色彩的にもきれいな、まるで上質な絵本のような舞台です

Q3 そんな仕掛けが隠されていたんですね、場面の転換もとてもスピーディーですが、装置や衣裳もとても美しいプロダクションですよね?

そうですね、やはり『魔笛』の決定版と言ってよいと思います。演出と美術がうまく連携していますし、良い意味でローゼの子どものような面が出ていると思います。グレーの背景の前に鮮やかな衣裳を着た人物を配置するなど、色彩的にもきれいな、まるで上質な絵本のような舞台です。

今のオペラ上演ではライトデザイナーがかなりの決定権をもっているのですが、初演された当時、特にドイツの劇場では、劇場付きの照明家が演出家や美術担当者の意図を再現することに心をくだいていました。そのため、この演出ではローゼの良いところが全部出ていると思います。

  

Q4『魔笛』などは幕の数が多くて描くのが大変そうですが・・・

そうですね、作品によって幕の数は全然違いますが、『魔笛』は10本以上あります。私も『魔笛』に関しては傷んでいるところを色々と描きました。

『魔笛』の場合は「流れ幕」といって、場面にあわせて舞台の上手から下手へ、というように幕が移動する演出があるんです。この方法は今のオペラではなかなか使われない方法ですので観ていても面白いと思います。

Q5 昔の演出には優れている部分がたくさんあるんですね! 他にも、歴史あるプロダクションでなるほどと思うところはありますか?

まず言えるのが、とにかく昔のパネルなどは「軽い」ということです。今は骨組みをアルミで作り、それにベニヤの合板を組み合わせるのですが、昔はすべて木でした。もちろんアルミの方が丈夫ではありますが、でも『魔笛』のように40年ももつかというと、そんなことはないと思います。

以前『ボエーム』を修復したときは、古いものと新しいものを並べて、古いものをみながら新しいものをつくっていったのですが、重さがあまりにも違うので驚きました。

photos:Wilfried Hoesl

★バイエルン国立歌劇場 二次発売は7月22日(土)10:00より

NBSチケットセンター TEL:03-3791-8888

NBS WEBチケット


>>>バイエルン国立歌劇場 公演情報はこちら


ページトップへ