ファンドレイジング

欧米なみのオペラ・バレエ環境をつくるためにファンドレイジング(寄付金募集)にご協力ください。

 公益財団法人日本舞台芸術振興会(NBS)は、世界一流のオペラやバレエ、オーケストラを招聘する一方、東京バレエ団の国内外の公演を通じて、わが国の音楽、舞台芸術の普及向上に努めてまいりました。しかし、わが国における舞台芸術を取り巻く環境は欧米に比べてはなはだ貧困で、公演を実現するための制作費が高騰する一方、公的な文化支援が十分でないのが現状です。そこで、NBSでは2005年に文部科学大臣より<特定公益増進法人>に認可されたのを機に、欧米の芸術団体のように本格的にファンドレイジング(寄付金募集)への取り組みを開始しました。皆様のお力添えを得て、NBSは欧米並みのオペラ・バレエ環境づくりをめざし、これまで以上にわが国の舞台芸術の普及向上に寄与したいと念願しております。当財団の活動にご理解を賜るとともに、舞台芸術を愛する皆様からのご支援を切にお願い申し上げます。

NBS(公益財団法人日本舞台芸術振興会)とは?

公益財団法人日本舞台芸術振興会は、音楽・舞踊を主とする舞台芸術の普及向上を図るとともに、舞台芸術の国際交流を推進し、もってわが国の芸術文化の振興と発展に寄与することを目的として1981年に設立されました。設立以来、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、パリ・オペラ座バレエ団、英国ロイヤル・バレエ団、ベルリン・シュターツカペレ、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団など、世界一流のオペラやバレエ、オーケストラを招聘する一方、世界的に評価の高いチャイコフスキー記念東京バレエ団を運営しています。

招聘事業

オペラ

ウィーン国立歌劇場ほか

バレエ

パリ・オペラ座バレエ団ほか

オーケストラ

イスラエル・フィルほか

アーティスト

エディタ・グルベローヴァほか

東京バレエ団の運営

東京バレエ学校の運営

主催公演

「ラ・バヤデール」ほか

地方公演

地方公演主催者による

海外公演

30カ国145年での
公演を実現

月謝制クラスや特別講習会

児童科、少年科、夏期特別講習会ほか

寄付金募集要項

寄付区分

個人の方からのご寄付

パルナソス

年額1万円から

ミューズ

年額5万円から

アポロン

年額25万円から

 

法人の方からのご寄付

フレンド

年額20万円から

サポーター

年額50万円から

アソシエイト

年額100万円から

パートナー

年額500万円から

ご寄付をいただく金額により、上記のような寄付区分を設けております。
特典
  • 当財団は「公益財団法人」であり、税制上は<特定公益増進法人>に該当しますので、ご寄付に対する税制上の優遇措置が認められます。
  • 当財団ホームページにご芳名を掲載し、ご支援を紹介いたします。(匿名可)
  • その他、公演プログラムへのご芳名掲載、ゲネプロ(舞台総稽古)や出演者を招いたパーティーへのご招待など、寄付区分に応じて特典をご用意しております。詳細につきましては、当財団支援業務室までお問合せ下さい。

※特典の有効期限はご入金日から1年間とします。

税制上の優遇措置

 NBSは、社会に大きく貢献する活動を行っている団体としてこれまでの実績が評価され、2005年に文部科学大臣より「特定公益増進法人」に認可され、2011年4月には「公益財団法人」の認定を受けました。わが国では、こうした公益法人に対する民間からの寄付を促進させるために、寄付者に対して税制上の優遇措置が講じられています。

寄付金申込書(個人)

寄付金から2千円を差し引いた金額に、ご自身に適用される所得税率を掛けた金額が所得から控除されます。

寄付金申込書(法人)

当財団に対する寄付金は、一般の法人寄付金とは別枠で、さらに同額の損金算入が認められています。

お申し込みの流れ

下記の「寄付金申込書」をダウンロードし必要事項をご記入のうえ、ファックス(03-5721-8011)か郵送にてお申込みください。

寄付金を指定銀行口座にお振込みください。

ご入金が確認できましたら、「受領書」をお送り致します。

確定申告(個人)/法人税の申告(法人)をする際に、上記「受領書」を申告書に添付して下さい。規定の計算式にのっとり、寄付金として控除の対象になります。

毎年11月に前年度の年次報告書を郵送致します。

ご寄付をいただく金額により、上記のような寄付区分を設けております。

NBS財団法人日本舞台芸術振興会 支援業務室
住所:〒153-0063 東京都目黒区目黒4-26-4
電話:03-5721-8000 (平日10:00~18:00、土曜日10:00~13:00)
shien@nbs.or.jp