Photos:Kiyonori Hasegawa

クリスマスの夜、死んだお母さんを思い出して悲しんでいる少年ビム。すると夢なのか、お母さんが現れる。ステキな夜が始まった! 懐かしい家族のだんらん。バレエのレッスン。ボーイスカウトの訓練…、そこに突然、巨大なヴィーナス像が出現し、その中から現れたお母さんとビムは、互いを慈しみながら踊る。ビムはお母さんをエスコートして、自分の大好きなものを見せていく。お母さんのためのお祭り! やがてビムがモミの木のそばで目をさますと、そこにはお母さんからのプレゼントが…。

Act 1

クリスマスの夜、男の子がひとり、ちっぽけなモミの木のそばにすわっている。その枝には、去年のクリスマスからずっと残されたままの飾りが、寂しげに揺れている。男の子ビム①の母親②は亡くなったのだ。ビムは、父にもらったくるみでひとり寂しく遊んでいる。部屋には父(M...③)と飼い猫のフェリックス④がいる。と、夢なのか魔法なのか、男の子のそばに白いスーツに身を包んだ母親が現れて、モミの木の下に小さなプレゼントを置こうとする。

背景の幕が落とされ、夢のような夜が始まる。

まず、赤と白のレオタードのダンサーたちが現れ、クラス・レッスンが始まる。マントを羽織ったM...(ここではマリウス・プティパ)がダンサーたちの間をゆっくりした足取りでみて回っている。ビムもダンサーたちについて一生懸命に踊る。

猫のフェリックスが呪文を唱えると赤いカーテンから、かわいらしい緑のマントをつけた女の子が現れる。ビムの妹である。小さい頃ふたりはよくこんな扮装をして、ビムの大好きな「ファウスト」のお芝居⑦をして遊んだのだ。懐かしい家族団欒の雰囲気に誘われたのか、ふたたび母が、今度はマリンルックで現れる。待ちかねていたかのように母の元に、ビム、妹、フェリックスが集まってきて、M...(ここでは父)は母の手の甲にキスをする。

母や妹が去ってしまい、夢は次の場面へ。M...が杖でリズムをとると、それに合わせて規律正しく行進してきたのは、ボーイスカウトの少年たち。ビムも嬉々として一緒に踊る。やがて疲れ果ててみんなが寝袋に入って眠りについてしまうと、森の奥からまばゆく光り輝く天使⑤がふたり、そうっと現れる。やがてふたりの妖精も加わって、少年たちを見守るように、暖かく包み込むように舞い踊る。朝がきてビムと少年たちは目覚め、ふたたび元気に動き出す。すると、彼らの目の前に現れたのは…

大きくそびえる聖母像⑥だった。ビムは像に母の面影を見出し、一生懸命によじ登ろうとするが、なかなかうまく登れない。ついには足を滑らし、落ちてしまう。M...はそんなビムを突き飛ばし、荒荒しく猛るように踊り出す。

やがて、像がぐるりと回転し、美しいほこらが現れ、そこにはビムの探し求めていた母の姿が。そしてビムと母の愛情溢れるパ・ド・ドゥ。

ビムと母のふたりがほこらに消え、光の天使と妖精たちが踊り出す。と、それに誘われるかのように雪が降りだし、そりに乗ってサンタクロースならぬ、マジック・キューピーが登場。アコーディオンの暖かなメロディーにのせ、華やかなマジックを披露して、やっと母とふたたび出会えたビムを祝福するのだった。

Photos:Kiyonori Hasegawa

Act 2

やっと出会えた大切な時間に、互いをいとおしむように踊るビムと母。が、M...に促されビムは、精一杯母を喜ばせようと、趣向を凝らした踊りの数々を母に見せるのだった。闘牛で盛り上がる「スペインの踊り」、自転車に乗った「中国の踊り」、不思議なマジックで始まる「アラビアの踊り」、ダイナミックで華やかな「ロシアの踊り」、そして猫のフェリックスもタキシードの男たちを引き連れて愉快な踊りを披露するのだった。

スペイン、中国、アラビア、ロシア…何かが足りない…そうだ、フランスだ! そして小粋なシャンソンで「パリの踊り」が始まる。ビムも母も一緒にワルツを踊りだす。

楽しく踊るうちに、ビムはバレエの世界に惹き込まれていく。M...(マリウス・プティパ⑦)がお手本を見せるかのように踊りだし、ビムの目は釘づけになる。

白いドレスを身にまとっている母も、「花のワルツ」にのせて若い娘のように軽やかに踊りだす。タキシードの男たちも加わって、ビムも母も嬉しそうだ。

そしてM...(マリウス・プティパ)の紹介で、グラン・パ・ド・ドゥが踊られる。

場面は冒頭のシーンに戻る。ビムはクリスマスツリーのかたわらで眠り込んでしまっていたのだ。夢から覚めると目の前にプレゼントが。包みを開けるとそれは、愛しい母の面影を宿した像なのだった。

Photos:Kiyonori Hasegawa

① ビム: ベジャールの子どもの頃のあだ名。つまり、ビムは子ども時代のベジャール自身であり、ワイノーネン版『くるみ割り人形』のクララにあたる。
② 母: ベジャールが7歳のときに他界。「私から見て、母は世界で一番素晴らしく装った女性であった。」――「モーリス・ベジャール自伝 他者の人生の中での一瞬……」(劇書房刊)より。
③ M...: ワイノーネン版でクララを夢の世界へと導くドロッセルマイヤーにあたる、ビムの成長を見守り将来へと導く役。ベジャールの父、師として尊敬する振付家マリウス・プティパ、子どもの頃から夢中になっている「ファウスト」のメフィストほかの複合像である。
④ 猫のフェリックス: ビムの飼い猫。愛猫家のベジャールが新たに設定した、愛すべきキャラクター。
⑤ 光の天使: 子ども時代のベジャールが好んで観に行ったショーに登場していたキャラクターに想を得ている。当時から創作のヒントとなっていたようである。
⑥ 聖母像: 有名なボッティチェリの「ヴィーナス誕生」に模したこの像は、母のイメージと重ね合わせられている。

12月16日(土) 12月17日(日)
ビム 岡崎隼也 高橋慈生
渡辺理恵 崔 美実
フェリックス 宮川新大 入戸野伊織
M... 秋元康臣 木村和夫
妹のクロード 沖香菜子 秋山 瑛
光の天使 ブラウリオ・アルバレス、森川茉央 柄本 弾、森川茉央
妖精 奈良春夏、伝田陽美 三雲友里加、吉川留衣
マジック・キューピー 飯田宗孝 飯田宗孝
グラン・パ・ド・ドゥ 上野水香、柄本 弾 川島麻実子、秋元康臣

※表記の出演者は2017年7月24日現在の予定です。出演者の怪我・病気、その他の都合により変更になる場合がありますのでご了承ください。変更にともなうチケットの払い戻し、公演日・券種の振替はいたしません。正式な配役は公演当日に発表します。