Aプロ

モーツァルトの傑作オペラが、まるごとダンスに!
天才ベジャールだから出来た、奇跡のバレエ。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの2幕のオペラ

「魔笛」

台本 :エマニュエル・ヨハン・シカネーダー
振付・演出 :モーリス・ベジャール

Photo:Gregory Batardon

Photo:Anne Bichsel

モーツァルトのオペラの中でも、最高傑作にしてもっとも人気の高い「魔笛」を天才ベジャールがまるごとバレエ化! 

物語は、王子タミーノと姫パミーナの冒険と恋を軸に、魔法や神秘の儀式がちりばめられ、個性的なキャラクターたちが活躍するファンタジー。モーツァルトが天衣無縫ぶりを発揮して書き上げた極上の音楽は、ダンスで表現するのにふさわしいとベジャールは考えました。タミーノとパミーナには美しいデュエットを、大僧正ザラストロと夜の女王にはカリスマ的なヴァリエーションを、パパゲーノと女性たちにはゆかいなダンスを、そして試練の儀式には見事なコンポジションの群舞を配して、ベジャールはオペラの音楽をみごとに視覚化したのです。

演劇やオペラの演出を手掛け、映画も創作。のちにはワーグナーの大作「ニーベルングの指環」もまるごとバレエにしてしまったベジャールならではの手腕がきわだつ、奇跡のような舞台です。本作は1982年と2004年の2度、日本で上演。とくに前者はNHKで放映されたこともあり、音楽ファンからも絶賛されて、ベジャールの名を一躍知らしめました。2017年6月、本拠地でのリニューアル上演を経て、奇跡の舞台が日本にやってきます!


※本公演では次の音源を使用しています。(ドイツ・グラモフォン)

指揮:カール・ベーム
管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
合唱:RIAS合唱団

あらすじ
「魔笛」ってどんなオペラ?

Photo:Anne Bichsel

Photo:Anne Bichsel

「魔笛」はモーツァルト最晩年の傑作と称され、この天才作曲家の集大成と言われるオペラ。台本のもとになっているのは複数のおとぎ話で、大衆を観客に想定した“ジングシュピール“=歌芝居の形式で書かれています。前半は、王子タミーノが絵姿を見せられて恋をした姫パミーナを悪人から救出しようとする冒険譚。後半は、悪人だと思われたのがじつは徳の高い大僧正とわかり、王子と姫が結ばれるために「試練」を課される過程を描きます。有名なアリアを歌う「夜の女王」や、コミカルな鳥刺し「パパゲーノ」をはじめ、“ハリポタ”やゲームにも似た、個性的なキャラクターが満載の楽しい舞台です。

Photo:GregoryBatardon

人物関係図