NBS News Web Magazine
毎月第1水曜日と第3水曜日更新
NBS日本舞台芸術振興会
毎月第1水曜日と第3水曜日更新
モンテカルロ・バレエ団芸術監督 ジャン・クリストフ=マイヨー<br />Photo: Felix Dol Maillot

2020/07/01(水)Vol.401

振付家マイヨー独特の美学を探る
2020/07/01(水)
2020年07月01日号
TOPニュース
バレエ

モンテカルロ・バレエ団芸術監督 ジャン・クリストフ=マイヨー
Photo: Felix Dol Maillot

公演中止のお知らせ

本年11月に予定しておりましたモナコ公国 モンテカルロ・バレエ団 日本公演は、現在の状況を鑑み公演中止とさせていただくことになりました。公演を楽しみにお待ちいただいておりましたお客様には大変申し訳なく、深くお詫び申し上げます。
詳細はコチラのページでご確認くださいますようお願い申し上げます。

振付家マイヨー独特の美学を探る

ポスト・コロナの新時代、ダンスの中心にマイヨーがいる

本邦初演される『じゃじゃ馬馴らし』の場合も、シェイクスピアの戯曲を基にしてはいるが、ドラマに今日的な風を吹き込み、凛として自己主張をする現代の女性像を描こうとしている。男性の支配の下に女性を"調教(馴らす)"しようとする時代遅れの女性観から主人公を解放し、互いに求めあい尊敬しあう「結婚」へのプロセスをコミカルで見応えのあるバレエに仕立てた。ボリショイ・バレエでの初演(2014)から6年。このたび日本で紹介されるモンテカルロ・バレエ団の改訂上演版(2017)ではさらに群舞などの振付を充実させ、舞台の厚みが増しているというから楽しみだ。

2000年以来、マイヨーはモナコ公国の支援のもとにモナコ・ダンス・フォーラムの開催にも力を注いでいる。公演のみならず展示、ワークショップやセミナーなど新しい時代の文化を生み出すことに意欲を示し、フォーラムでは最先端のデジタル・アートや映像表現などを世界中の研究者を招いて紹介してきた。

ポスト・コロナの時代。時間や距離を超えるサイバー・ネットワークを駆使した表現が重要性を増し、舞台芸術が変化を迫られる今、先見性の光る新たな芸術的ネットワークを生みだしつつある。新旧の世代をつなぎ、伝統と現代が出会う。21世紀のバレエ表現を考える場=フォーラムを提供し、その中心にマイヨーがいる。舞台芸術の明日をいかに導いてくれるか期待したい。

Photo: Alice Blangero

(立木燁子/舞踊評論家)

2/2ページ

12
公式サイトへ チケット購入

モナコ公国
モンテカルロ・バレエ団 2020年日本公演

「じゃじゃ馬馴らし」

公演日

11月6日(金)19:00
11月7日(土)13:00
11月7日(土)17:00
11月8日(日)13:00

会場:東京文化会館

※配役はモンテカルロ・バレエ団の方針により、公演当日に発表いたします。
※音楽は特別録音による音源を使用します。

入場料[税込]

S=¥17,000 A=¥15,000 B=¥13,000 C=¥9,000 D=¥7,000 E=¥5,000
●特別ペア割引 [S、A、B席]あり
●親子割引 [S、A、B席]あり

U25シート ¥2,000
※NBS WEBチケットのみで10/2(金)20:00から引換券を発売。

★プレトーク開催のお知らせ★
※11月7日(土)17:00の回の開演前、16:20より予定