「第九交響曲」について 
— モーリス・ベジャール

ベートーヴェンの作品に振り付けるに当たって、何かしらかのアイデアがあったり、目的があったり、あるいは筋書きのようなものがあったりしたわけではない。音楽がひとり、ダンスを支え、はぐくんでいったのだ。いうなれば音楽こそが、振付のための唯一の存在理由だった。

これは一種の踊るコンサートであり、ダンスが音楽のスケールを拡大させている。まさしくシラーのテキストが、ベートーヴェンの音楽にさらなる広がりをもたらしているのと同様である。ここではダンスは、苦悩から歓喜へ、暗闇から光りへと向かう、作曲家のゆったりとした歩みをたどりつづけているに過ぎない。

いわゆる一般的な意味では、音楽作品の最高峰のひとつに数えられるはずの楽曲にぴったりと寄り添ったバレエ作品とはいえないだろう。むしろ人類全体の共有物である音楽作品に対して、人間的により深く関わっているというべきだろうか。つまり、演奏したり歌ったりするだけでなく、ダンスをも踊っているのである。さながらギリシャ悲劇や原始の宗教的な行事が、ことごとくそうであったように…。

これは根源的な意味での、《表現》なのである。

プロローグ

ニーチェの「悲劇の誕生」から抜粋した、アポロンとディオニュソスの二元性に関するテキストが朗唱される。続いてアフリカ系ダンサーたちに囲まれてパーカッショニストが登場する。アポロンとデュオニュソスの二元性は、西欧のパーカッションとアフリカのボンゴのコントラストによって織りなされ、それらの音の交配が20世紀という時代を象徴する。

第1楽章

アレグロ・マ・ノン・トロッポ

大地を表す褐色の衣裳をつけた28人のダンサーが、地面で同心円を描きながら身を丸めている。やがてひとりずつ目を覚まし、手が1本、足が1本、ついで2本、10本というように、天に向かって伸びてゆく。彼らはすでに地上の苦悩を意識し、さらに行動し、闘うなどの生命の欲求をはっきりと感じ取っている。

Photos: Kiyonori Hasegawa

第2楽章

モルト・ヴィヴァーチェ

ダンサーの衣装は、炎のごとき赤。ベートーヴェンが村人の踊りを想定してこのスケルツォを書いたように、ここでは振付も、民族衣装に想を得ている。女性のファランドール(輪舞)を男性のそれが囲み、女性ダンサーたちは男性ソリストに導かれるようにパ・ド・ドゥを踊っていく。みずみずしい躍動感に溢れた踊りが、ダンスの本能的な喜びを表現する。

Photos: Kiyonori Hasegawa

第3楽章

アダージョ・モルト・エ・カンタービレ

ダンサーの衣装は、水を表す白。躍動的な輪舞が過ぎ去り、静寂と沈黙のなかに愛のカンティレーナが響きわたる。月明りを思わせるほのかな照明のもと、4組のカップルを中心にした白のダンスが繰り広げられる・瞑想の時が流れる。繊細なメロディーが穏やかさや素朴さの中に愛情や感動、純粋さを紡ぎだし、国や人種など人類による作為的な境界線を超えて、カップルたちを晴れやかな歓喜で包み込んでいく。

Photos: Kiyonori Hasegawa

第4楽章

フィナーレ 序奏、そして“歓喜の歌”

黄色の衣装に身を包んだ1人の男性ダンサーのソロで始まり、やがてこれに、先の3楽章でソロを踊った男性ソリストたちが加わる。彼らは宇宙全体の喜びを告げる。舞台上の合唱団が褐色のケープを取り去り、サフラン色のチュニック姿となって「歓喜の歌」が始まると同時に、別のソリストたちが、さらに群舞が登場し、歓喜はさらに飛躍をとげる。太陽、光、意識への賛歌。80人のダンサーたちは、ソリストに導かれつつ、5つの渦に分かれてこの賛歌を高らかに謳いあげる。

Photos: Philippe Pache

バレエ「第九交響曲」上演史

●二十世紀バレエ団

1964年 ブリュッセル シルク・ロワイヤル(ベルギー)[世界初演]
1965年 アントワープ(ベルギー)
1966年 ベルリン(西ドイツ)
パリ パレ・ド・スポール(フランス)
リヨン パレ・ド・スポール(フランス)
1967年 ブリュッセル シルク・ロワイヤル(ベルギー)
1968年 メキシコシティ オリンピック・スタジアム(メキシコ)
※第19回オリンピック開幕イベント
1969年 パリ パレ・デ・スポール(フランス)
1970年 フォレスト・ナショナル、シルク・ロワイヤル(ベルギー)
1973年 ミラノ・スカラ座(イタリア)
1975年 ヴェネチア サン・マルコ広場(イタリア)
アレーナ・ディ・ヴェローナ(イタリア)
1976年 ワシントン ウォルフ・トラップ・センター
1977年 ヴィーン シュタードシャール(オーストリア)
1978年 モスクワ クレムリン宮殿(ソ連)

●パリ・オペラ座

1996年 パリ・オペラ座バスティーユ(フランス)
1999年 ベルシー(フランス)
1999年 神奈川県民ホール、NHKホール(日本)

●モーリス・ベジャール・バレエ団×東京バレエ団

2014年 11月 東京 3回
11月 上海(中国) 1回
2015年 6月 ローザンヌ(スイス) 5回
2014年 7月 モンテカルロ(モナコ) 3回
2017年 1月 ブリュッセル(ベルギー) 4回

NBSチケットセンター 
(平日10:00~18:00、土曜10:00~13:00、日祝休)

03-3791-8888