第1幕

第1場 マーシャの家に向かうお客たち

今日はクリスマス・イヴ。街はすっかり雪景色です。

通りを歩いているのは、シュタールバウム家のクリスマス・パーティーに向かう人たち──。陽気な子どもたち、着飾った大人たちが通り過ぎたあと、道の向こうの家から現れたのは、シュタールバウム家の娘、マーシャの名付け親のドロッセルマイヤーです。

第2場:マーシャの家の広間

マーシャと弟のフリッツは、シュタールバウム夫妻とともに広間で招待客を出迎えます。

皆がパーティーを楽しんでいると、ドロッセルマイヤーが現れて、人形劇を見せはじめます。子どもたちは楽しい劇にすっかり夢中、マーシャはといえば、劇に登場したくるみ割り人形に一目で恋をしてしまいます。

人形劇が終わると、今度は、ドロッセルマイヤーに魔法をかけられた機械仕掛けの人形たちが飛び出します。ピエロにコロンビーヌ、そしてムーア人の人形の踊りに、子どもたちはさらに大喜び!

マーシャはドロッセルマイヤーにねだってくるみ割り人形をもらいますが、やんちゃなフリッツに壊されてしまいます。ドロッセルマイヤーはそれを修理してくれますが、フリッツがくるみ割り人形を狙ってしつこく追いかけてくるので、マーシャはくるみ割り人形を抱いたまま、自分の部屋へと逃げ帰るのでした。

第3場:帰り道

雪の降る道を、パーティーのお客たちが帰っていきます。

第4場:マーシャの部屋から広間へ──戦い

くるみ割り人形に話しかけているマーシャ。ふと、ベッドの下から小さいねずみが走り出していくのに気づき、あとを追います。

そこはさっきまでパーティーが催されていた広間。時計が夜中の12時を告げると、ドロッセルマイヤーの合図で機械仕掛けの人形たちが現れます。すると、不思議なことに、いままでいた広間とクリスマスツリーがどんどん大きくなっていくではありませんか。

そこではねずみたちと、くるみ割り人形、おもちゃの兵隊たちとの戦いが始まります。戦況が不利になると、マーシャはねずみの王様にスリッパを投げつけ、くるみ割り人形を助けます。

マーシャに助けられ、ドロッセルマイヤーの魔法で美しく立派な王子に姿を変えたくるみ割り人形は、マーシャをクリスマスツリーの世界の旅へといざなうのでした。

第5場:雪の国──旅のはじまり

はじめに、雪の国にやってきた王子とマーシャ。雪の精のワルツが始まり、マーシャと王子も一緒に踊ります。雪の精たちに見守られながら、二人はクリスマスツリーの世界の、さらなる高みへと向かいます。

第2幕

第1場:船の旅

幸せいっぱいのマーシャと王子を乗せた船は、クリスマスツリーの世界を上へ上へと進んでいきます。ピエロ、コロンビーヌ、ムーア人も一緒です。あとから追いかけてくるのは、しぶとく生き残ったねずみたちです。

第2場:お菓子の国へ

もうひと息でお菓子の国、というところまで登ってきたマーシャたち。美しいオーナメントがきらめいています。いろいろな国の民族衣装を身にまとった人々が二人を出迎えます。

そこへねずみの王様と家来のねずみたちが現れ、最後の戦いがはじまりました。戦いに勝利した王子は、王冠をマーシャに捧げます。

第3場:帰り道

ついにマーシャと王子はお菓子の国にたどり着きました。城では、二人を歓迎する華やかな踊りの宴が始まり、幸せな気持ちにあふれたマーシャと王子も踊ります。

第4場:エピローグ

ベッドの上で目を覚ましたマーシャ。もとの姿に戻ったくるみ割り人形を見つけ、しっかりと胸に抱きしめるのでした。

Photos: Kiyonori Hasegawa

NBSチケットセンター 
(月-金 10:00~16:00 土日祝・休)

03-3791-8888

東京バレエ団  「ジゼル」全2幕
  • 2021/02 会場:東京文化会館