〈バレエ・リュス〉の伝統と精神を継ぐモンテカルロ・バレエ団

1909年、希代のインプレサリオ、セルゲイ・ディアギレフのもと、バレエ・リュスのパリでの初公演は、新時代のバレエを鮮やかに示して一大旋風を巻き起こした。その2年後の1911年、地中海を臨むモナコ公国のモンテカルロを本拠に得てバレエ団としての活動をスタートさせた。バレエ・リュスはこの地において多くの名作を準備し、パリ・オペラ座と同じ設計者ガルニエによる華麗な歌劇場で毎年春に公演を実施。「薔薇の精」をはじめ、この地で初演された作品も多い。

1929年、ディアギレフの死によってバレエ・リュスは解散。以後、何人かの関係者、振付家たちによってバレエ団はいくつかの名称をもって再生されるが、1951年にバレエ・リュスは完全に消滅した。

1985年、モナコ公国グレース公妃の遺志を継いだカロリーヌ公女が、ギレーヌ・テスマーとピエール・ラコットを芸術監督に招いてモンテカルロ・バレエ団を復活させ、1988年からのジャン=イヴ・エスケル時代を経て、1993年からは当時、気鋭の振付家であったジャン=クリストフ・マイヨーが現職に就任。

2000年、マイヨーは、幅広く豊富な公演、展覧会、ワークショップ、講演会を行うダンスの国際ショーケースである「モナコ・ダン ス・フォーラム」を立ち上げる。バレエ団とプリンセス・グレース・アカデミーは定期的にこのフェスティバルに参加している。2011年、ハノーファー公妃殿下のもと、マイヨー率いる新体制は3つの団体を統合。今日、モナコでは創作と教育と普及が一つに結びつき、これまでダンス界に存在しなかった方法で、ダンス芸術に寄与している。

Photo: Félix Dol Maillot

振付家/芸術監督

ジャン=クリストフ・マイヨー
Jean-Christophe MAILLOT

クセニア・アバゾワ
Ksenia ABBAZOVA
ポーシャ・ソレイユ・アダムズ
Portia Soleil ADAMS
チェルシー・アドマイティス
Chelsea ADOMAITIS
アン・ジェヨン
AN Jaeyong
ヴィクトリア・アナニヤン
Victoria ANANYAN
クリスティアン・アシス
Cristian ASSIS
エイプリル・ボール
April BALL
マリアンナ・バラバシュ
Marianna BARABÁS
テイシャ・バートン=ローリッジ
Taisha BARTON-ROWLEDGE
ヤット・ブノット
Jaat BENOOT
ルカ・ベルガマスキ
Luca BERGAMASCHI
ルー・ベイン
Lou BEYNE
アナ・ブラックウェル
Anna BLACKWELL
アニサ・ブリュレ
Anissa BRULEY
ダニエレ・デルヴェッキオ
Daniele DELVECCHIO
カンデラ・エベセン
Candela EBBESEN
ミヒャエル・グリュネカー
Michaël GRÜNECKER
アレシャンドレ・ジョアキム
Alexandre JOAQUIM
ジュリエット・クライン
Juliette KLEIN
小池 ミモザ
Mimoza KOIKE
アシュリー・クラウハウス
Ashley KRAUHAUS
アルチョム・マクサコフ
Artjom MAKSAKOV
フランチェスコ・マリオティーニ
Francesco MARIOTTINI
エレナ・マルツァーノ
Elena MARZANO
キャサリン・マクドナルド
Kathryn MCDONALD
ジーノ・メルクス
Zino MERCKX
ロジェ・ネヴェス
Roger NEVES
アレクシス・オリヴェイラ
Alexis OLIVEIRA
ジョルジュ・オリヴェイラ
George OLIVEIRA
クリスティアン・オリヴェリ
Cristian OLIVERI
エカテリナ・ペティナ
Ekaterina PETINA
アルヴァロ・プリエト
Alvaro PRIETO
レナート・ラドケ
Lennart RADTKE
アダム・リースト
Adam REIST
フランチェスコ・レッシュ
Francesco RESCH
ガエル・リウ
Gaëlle RIOU
カトリン・シュラーダー
Katrin SCHRADER
アレッシオ・スコニャミリオ
Alessio SCOGNAMIGLIO
ベンジャミン・ストーン
Benjamin STONE
田島 香緒理
Kaori TAJIMA
ジェローム・ティスラン
Jérôme TISSERAND
ローラ・ティサランド
Laura TISSERAND
アレッサンドラ・トニョロニ
Alessandra TOGNOLONI
シモーネ・トリブナ
Simone TRIBUNA
クリスティアン・ツヴォルジヤンスキ
Christian TWORZYANSKI
マテイユ・ウルバン
Matèj URBAN
リディア・ウェリントン
Lydia WELLINGTON
ハナ・ウィルコックス
Hannah WILCOX
Photos: Alice Blangero

※表記は2022年6月10日現在、モンテカルロ・バレエ団に所属するダンサーです。日本公演の際には変更が生じる場合がありますのでご了承ください。また配役はモンテカルロ・バレエ団の方針により、公演当日に発表いたします。

NBSチケットセンター 
(月-金 10:00~16:00 土日祝・休)

03-3791-8888

英国ロイヤル・バレエ  ガラ
  • 2022/7 会場:Bunkamura オーチャードホール
東京バレエ団  ベジャール・ガラ
  • 2022/07 会場:東京文化会館
東京バレエ団  HOPE JAPAN 2022 全国公演
  • 2022/07 会場:全国各会場
東京バレエ団  子どものためのバレエ 「ドン・キホーテの夢」
  • 2022/8 会場:めぐろパーシモンホール 大ホール
東京バレエ団  ラ・バヤデール 全3幕
  • 2022/10 会場:東京文化会館