ベートーヴェン、ラヴェル、ストラヴィンスキー...。
生きる喜びが味わえる、音楽×ダンスの饗宴!

Bプロのオープニング「だから踊ろう... !」は、コロナ禍のもとでカンパニーを率いていたジル・ロマンが、困難な状況下で“踊る喜び”を表現することを念頭に創作。ロマンは「そのダンスの喜びを体現」し2021年に没したダンサーのパトリック・デュポンに本作を捧げています。
 これに続くのはベジャール珠玉の3作。「2人のためのアダージオ」は1986年初演の「マルロー、あるいは神々の変貌」からの抜粋で、ベー トーヴェンのヴァイオリン・ソナタにのせて、ある男と“死”を匂わせる女の濃厚なダンスが踊られます。「コンセルト・アン・レ」は、ストラヴィンスキーの同名の ヴァイオリン協奏曲ニ調を、一組の主役ペアと男性ソリスト、女性群舞で視覚化するベジャールには珍しいネオ・クラシカルなバレエ。フィナーレには規律から脱したダンサーたちが祝祭的なダンスを繰り広げます。そしてプログラムの掉尾を飾るのが「ボレロ」。巨大な赤いテーブルの上で踊る孤高の“メロディ”と、そのカリスマに導かれて群がる “リズム”たち。ラヴェルが構築した精巧な音楽をダンスで鮮やかに展開しながら、爆発的な絶頂をもって終結し、観る者に衝撃とカタルシスを与える、ベジャール不滅の傑作です。多彩なベジャール作品の中でも、音楽に正面から向き合い寄り添った作品の豊饒さと圧倒感を、心ゆくまで味わってください!

ボレロ
Boléro

── 爆発的な興奮を呼ぶ、本家本元のステージ

振付: モーリス・ベジャール
音楽: モーリス・ラヴェル
photos: BBL-Gregory Batardon, Clarissa Lapolla
メロディ
9/27(金) ジュリアン・ファヴロー
9/28(土)マチネ 大橋 真理
9/28(土)ソワレ エリザベット・ロス
9/29(日) キャサリン・ティエルヘルム

※表記の出演者は5/24現在の予定です。やむを得ない事情で変更となる可能性があります。なお、モーリス・ベジャール・バレエ団の方針により、「ボレロ」以外の配役は公演当日に会場で発表いたします

だから踊ろう... !
Alors on danse... !

── パトリック・デュポンの死に触発された、生きるためのダンス!

振付: ジル・ロマン
音楽: ジョン・ゾーン、シティパーカッション、ボブ・ディラン
衣裳: アンリ・ダヴィラ
照明: ドミニク・ロマン
photos: BBL-Gregory Batardon
2人のためのアダージオ
Adage pour deux

── ベートーヴェンの楽曲にのせた、ある男と“死”を匂わせる女の濃厚なダンス

振付: モーリス・ベジャール
音楽: ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
衣裳: アンリ・ダヴィラ
照明: リュカ・ボルジョー
photos: BBL-Gregory Batardon
コンセルト・アン・レ
Concerto en ré

── ベジャールによる祝祭的ストラヴィンスキー・バレエ

振付: モーリス・ベジャール
音楽: イーゴリ・ストラヴィンスキー
衣裳: アンリ・ダヴィラ
photos: BBL-Gregory Batardon

NBSチケットセンター 
(月-金 10:00~16:00 土日祝・休)

03-3791-8888

東京バレエ団  子どものためのバレエ 「ねむれる森の美女」
  • 2024/8 会場:めぐろパーシモンホール 大ホール