NBS News Web Magazine
毎月第1水曜日と第3水曜日更新
NBS日本舞台芸術振興会
毎月第1水曜日と第3水曜日更新

NEW2021/04/07(水)Vol.419

アントニオ・パッパーノの"ドリーム・カム・トゥルー"
2021/04/07(水)
2021年04月07日号
世界の劇場を知ろう
特集

アントニオ・パッパーノの"ドリーム・カム・トゥルー"

英国ロイヤル・オペラ音楽監督2023/24シーズンまで延長と
ロンドン交響楽団音楽監督就任決定

3月30日、英国ロイヤル・オペラハウス(ROH)はアントニオ・パッパーノが2023/24シーズン終了まで音楽監督を務めることを発表しました。2018年に、2022/23 シーズン終了までの延長が決定しましたが、今回は再びの延長となります。 パッパーノが同オペラの音楽監督に就任したのは2002年のこと。2018年の時点で在任16年がすでに最長記録となっていましたが、今回の任期満了までとなると20年を超えることになります。世界有数の歌劇場で、長期在任の音楽監督といえば、ミラノ・スカラ座のリッカルド・ムーティが思い浮かびますが、20年にはおよびません。現在20年を超えて務めているのは、ベルリン国立歌劇場のダニエル・バレンボイムくらいではないでしょうか。

また、ROHは同オペラ音楽監督任期延長とともに、パッパーノのロンドン交響楽団(LSO)音楽監督就任が決定したことも発表しました。正式な就任は2024年9月。プレ・シーズンに当たる2023/24シーズンは次期監督としても務めるとのことです。

パッパーノのROH音楽監督としての集大成となる今後の3シーズンには、"エキサイティングなオペラが予定されている"とROH。その内容として、2021/22シーズンには『リゴレット』と『サムソンとデリラ』の新制作、再演では『フィガロの結婚』、『カヴァレリア・ルスティカーナ』、『パリアッチ』を振るほか、次シーズン以降には《ニーベルングの指環》の全曲新制作を行うことを発表しています。新しい《リング》チクルスの演出を手がけるのはバリー・コスキー。2023年9月の『ラインの黄金』からスタートします。

ROHのホームページでは、アレックス・ベアード総支配人の言葉を紹介しています。
「トニー(パッパーノ)が、英国を彼の今後の音楽の拠点にすると決定したこと、ロンドンでの音楽生活を向上させ、英国全体の聴衆との緊密な関係を保つことが決定したことを嬉しく思います。パンデミックの後、芸術提供におけるさまざまな変革、再構築が求められるロンドンにとって素晴らしいニュースです。来る3シーズンに、パッパーノとROHが築いてきた長年の親密な関係が表されることを楽しみにしています」
パッパーノ本人の言葉は次の通り。
「過去20年間で、ROHは私の家族、私の家、そして私の心になりました。英国の聴衆との関係の豊かさと深さは、私にとって非常に重要なものです。これをLSOで継続していけることにわくわくしています。また今後3シーズンはROHで友人や同僚と将来のプロジェクトを行えることに期待と興奮を抱いています。そして、この緊密で素晴らしい関係は今後何年にもわたって変わることなく続くことを信じ、楽しみにしています」
上記はROHのホームページでの記載なので、少し補足しておきましょう。
現音楽監督サイモン・ラトルがLSOを離れ、バイエルン放送響の首席指揮者に就任する(2023年から5年間)ことが発表されたのは今年1月11日のことでした。これは英国クラシック音楽界にとって"大きな痛手"ともいわれたニュースでした。同時に色めき立ったのは、パッパーノが2005年から音楽監督を務めるローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団。イタリアのコッリエーレ・デッラ・セーラ紙では、同楽団からの連絡に答えたパッパーノの様子が報じられました。
「ラトルの発表から1カ月後に、マネージャーから興味があるかと電話がありました。私は1997年以来定期的にLSOを指揮していましたが、それは私にはノーとは言えないポジションの一つでした。LSOに選ばれることは夢の実現であり、素晴らしい贈り物、すなわち、そのような名誉と信頼、私にとっての新たな一歩、個人的および音楽的な成長を受け取ることをとても光栄に思っています」
パッパーノとローマ・サンタチェチーリア管は、コロナ禍においても、ストリーミングを含めた活発な活動を展開してきました。それだけにオーケストラ、ローマのファンにとってはショックだったかもしれません。ただ、パッパーノはポストを退いた後も同オーケストラへの関係(客演)を保っていくことを望んでいるとのことです。

◾️パッパーノの契約延長を発表したROHのホームページ
https://www.roh.org.uk/news/the-royal-opera-house-confirms-antonio-pappano-as-music-director-until-202324-season

◾️パッパーノの次期音楽監督就任を発表したLSOのホームページ
https://lso.co.uk/more/news/1645-london-symphony-orchestra-appoints-sir-antonio-pappano-as-chief-conductor.html