What's New

2019/02/28 2019:02:28:10:00:00

クイーンの17の名曲にのせて贈る、奇跡のパフォーマンス
「バレエ・フォー・ライフ」
2020年5月、モーリス・ベジャール・バレエ団によって待望の上演決定!

公演詳細発表、チケット発売は2019年11月を予定。
いち早く情報を知りたい方は、こちらからメールアドレスをご登録ください。
(※NBSWEBチケットに登録のある方は不要です)  ▶ 個人情報保護方針について

「ボヘミアン・ラプソディ」をはじめクイーンの名曲がダンスで炸裂。
フレディ・マーキュリーに捧げるバレエ

映画「ボヘミアン・ラプソディ」がメガヒット、ゴールデン・グローブ賞に加えてアカデミー賞4冠に輝き、大ブレイク中のロックバンド、クイーン。そのヴォーカリスト、フレディ・マーキュリーに捧げる奇跡のパフォーマンス「バレエ・フォー・ライフ」が、2020年5月、日本に上陸決定!

 

ロック・コンサートを思わせるドライヴ感たっぷりの照明の下、「ボヘミアン・ラプソディ」をはじめクイーンの17の名曲にのせて、名門〈モーリス・ベジャール・バレエ団〉が踊る。その鍛え抜かれたダンサーたちが身に着けるのは、イタリアの伝説のデザイナー、ジャンニ・ヴェルサーチの衣裳。何もかもが型破りなこのバレエは、初演(1997)のカーテンコールでブライアン・メイとロジャー・テイラー、そしてエルトン・ジョンが登場して「ショウ・マスト・ゴー・オン」をライヴ演奏したという、クイーンお墨付きのパフォーマンスです。

Photo: BBL - Ilia Chkolnik

バレエに憧れていたフレディ。
その想いを叶えるようなダンス・パフォーマンス

クイーンのフレディ・マーキュリーが、バレエやシアトリカルなパフォーマンスに憧れていたことは、彼がライヴやビデオクリップでバレエタイツを着用したり、英国のバレエ団の舞台に立った経験があるというエピソードでも知られています。

 

そんな彼の想いを叶えるかのように、このバレエにはフレディと思しき人物が、トレードマークだったタイツやレザーパンツをつけて登場します。ダンサーたちは、おなじみのヒット曲にのって生を炸裂させるように踊ります。あの伝説の「クイーン・ライヴ!! ウェンブリー1986」や「ライヴ・キラーズ」などライヴ音源も交えて、さながらコンサート会場と劇場を行き来するような、バレエのイメージを超えたステージです。

Photo: BBL - Ilia Chkolnik

バレエの巨星、ベジャールによる「バレエ・フォー・ライフ」誕生秘話

このバレエを創作したのは、20世紀のバレエに革命をもたらしたと言われる巨匠、モーリス・ベジャール。ベジャールはフレディの死後に発表された「メイド・イン・ヘヴン」のジャケット写真を見て衝撃を受けたといいます。そこに写るスイスのモントルー湖畔の風景、それはフレディが晩年を過ごした場所であると同時に、ベジャール自身が別荘から目にしていた風景だったのです。

 

がぜんクイーンに興味をもったベジャールは、フレディについて調べ、彼らの音楽を聴きこんで、「アイデア、強烈さ、ユーモア、愛...ここにはすべてがある」とほれ込みました。当時70歳だった巨匠の、鋭敏でみずみずしい魂を物語るエピソードです。ブライアン・メイは「もっとも偉大なクリエーターとの素晴らしい交流だった」と語っています。

Photo: BBL - Ilia Chkolnik

押し寄せる興奮。ダンサーと観客が感動を共有する110分のステージ

このバレエにはもう一人の主人公がいます。それが、クイーンのフレディと同じ歳に同じ病で、1年後に亡くなった、ベジャールの最愛のダンサー、ジョルジュ・ドンです。ともにカリスマ的な才能を持ちながら夭折したアーティストたち。フレディのライヴ感たっぷりの伸びやかなヴォーカルと、モーツァルトの晴れやかな天上性が、生の輝きと死の静寂を鮮やかに対比させてゆく中、クライマックスには巨大なスクリーンに生前のドンのコラージュ・フィルムが映し出されます。舞台が一転して、現代の犠牲者たちの追悼式ともいうべき厳かな雰囲気を帯びると、客席の興奮は絶頂に達し、涙と感動の嵐が巻き起こるのです。

Photo: BBL - Ilia Chkolnik

パリ、ローザンヌ、ロンドン、日本、アルゼンチン、中国・・・・。
国境を越えて熱狂を巻き起こしてきた舞台が還ってくる!

「バレエ・フォー・ライフ」は、初演地パリや本拠地ローザンヌで再演を重ね、クイーンの出身地ロンドンやドンの母国アルゼンチン、そして欧州、日本、中国など国境を越えて熱狂的な支持を受けてきました。日本には、パリ初演の翌年1998年に早くも上陸。その舞台はバレエ・ファンとクイーン・ファンを巻き込んで圧倒的な衝撃と感動をもたらしました。その後も3度の日本公演で上演され、ことにベジャールが前年に亡くなった2008年の公演では、フレディとドンに加えてベジャール追悼も重なり、大きな盛り上がりを見せました。その日本公演のパンフレットには、ブライアン・メイも追悼の辞を寄せてくれました。

2020年5月、数々のエピソードと感動の記憶にあふれた伝説の舞台にふたたび出会えます!

Photo: BBL - Ilia Chkolnik

「バレエ・フォー・ライフ」 使用曲

 
クイーン 音源アルバム
イッツ・ア・ビューティフル・デイ メイド・イン・ヘヴン
タイム ザ・フレディ・マーキュリー・アルバム
レット・ミー・リヴ メイド・イン・ヘヴン
ブライトン・ロック ライヴ・キラーズ
ヘヴン・フォー・エヴリワン メイド・イン・ヘヴン
ボーン・トゥ・ラヴ・ユー メイド・イン・ヘヴン
カインド・オブ・マジック カインド・オブ・マジック
ゲット・ダウン・メイク・ラヴ ライヴ・キラーズ
シーサイド・ランデヴー オペラ座の夜
テイク・マイ・ブレス・アウェイ 華麗なるレース
RADIO GA GA ザ・ワークス
ウインターズ・テイル メイド・イン・ヘヴン
ミリオネア・ワルツ 華麗なるレース
ラヴ・オブ・マイ・ライフ クイーン・ライヴ!!ウェンブリー1986
ボヘミアン・ラプソディ クイーン・ライヴ!!ウェンブリー1986
ブレイク・フリー(自由への旅立ち) クイーン・ライヴ!!ウェンブリー1986
ショウ・マスト・ゴー・オン イニュエンドゥ
モーツァルト
エジプト王タモス
コシ・ファン・トゥッテ
ピアノ協奏曲第21番
フリーメーソンのための葬送音楽K.477

バレエに革新をもたらした20世紀の巨匠、モーリス・ベジャール

1959年、ブリュッセルのモネ王立劇場における衝撃的な『春の祭典』の成功により、20世紀バレエ団(後のモーリス・ベジャール・バレエ団)を設立。肉体の存在を強調した男性中心の舞踊、哲学的なテーマ、スペクタクル性の強い演出などにより、「ボレロ」「春の祭典」「第九交響曲」など多くの傑作を送り出し、バレエ界に革命をもたらした。1997年、最愛のカリスマ・ダンサーだったジョルジュ・ドン、同時期に亡くなったクイーンのフレディ・マーキュリーらを追悼するために、クイーンの音楽を使って創作した「バレエ・フォー・ライフ」が世界中で絶賛を浴びる。2007年11月22日、ローザンヌで死去。享年80歳。