〈ロイヤル・ガラ〉

プリンシパル総出演で贈る、
華麗なるロイヤル・レパートリー!

〈ロイヤル・ガラ〉

上演予定作品

「シンフォニー・イン・C」(ジョージ・バランシン振付)
〈マーゴ・フォンテインに捧ぐ〉より「眠れる森の美女」“ローズ・アダージオ”(マリウス・プティパ振付)
「マノン」より三つのパ・ド・ドゥ(ケネス・マクミラン振付)
「ロミオとジュリエット」よりパ・ド・ドゥ(ケネス・マクミラン振付)
「白鳥の湖」よりパ・ド・ドゥ(プティパ/イワノフ振付)
「三人姉妹」(ケネス・マクミラン振付)
ほか、アシュトン、ウィールドン、マクレガー、スカーレットの作品を予定

英国ロイヤル・バレエ団の魅力の源泉となっているレパートリー(上演作品)の抜粋を、総出演のプリンシパルと旬のダンサーたちが一挙に披露するのが、この〈ロイヤル・ガラ〉です。伝説のプリマ、マーゴ・フォンテインとともにバレエ団の名を高めた十八番の「眠れる森の美女」。香り高い物語バレエを生み出した振付家マクミランの「マノン」「ロミオとジュリエット」「三人姉妹」。創設振付家アシュトンと、バレエ団の現在を担う3人の振付家──マクレガー、ウィールドン、スカーレットの作品。そしてビゼーの交響曲第1番に振付けられたバランシン振付「シンフォニー・イン・C」では、楽章ごとにプリンシパルはじめスターが配役され、最後に彼らが勢ぞろいして圧巻の輝きをみせます。

“ロイヤル・ガラ”は、英国ロイヤル・バレエ団の奥深い魅力と魅惑のダンサーたちをまとめて味わうことのできる、まさにタイトルにふさわしいお値打ち公演。見逃すことはできません!

伝説のフォンテインと振付家たち

マーゴ・フォンテイン
Margot Fonteyn

「プリマの中のプリマ」と称され、「眠れる森の美女」等を十八番として一時代を築いた英国ロイヤル・バレエ団のプリマ。2019年に生誕100年を迎える。

フレデリック・アシュトン
Frederick Ashton

英国ロイヤル・バレエ団の創設振付家、芸術監督。英国の香りあふれるバレエを創作し、バレエの“ロイヤル・スタイル”を築いた。古典の演出振付も手掛けた。

ケネス・マクミラン
Kenneth MacMillan

アシュトンに次いで活躍した振付家、芸術監督。穏やかなアシュトン作品と対照的に力強くドラマティックな物語バレエを生み出した。

ウェイン・マクレガー
Wayne McGregor

2006年より英国ロイヤル・バレエ団常任振付家。

クリストファー・ウィールドン
Christopher Wheeldon

英国ロイヤル・バレエ団アーティスティック・アソシエイト。

リアム・スカーレット
Liam Scarlett

英国ロイヤル・バレエ団アーティスト・イン・レジデンス