「ファウスト」全5幕

C.F.グノー作曲
「ファウスト」全5幕

(上演時間約3時間40分 休憩1回含む)

指揮 :アントニオ・パッパーノ
演出 :デヴィッド・マクヴィカー
©ROH/Bill Cooper, 2014

ストーリー

16世紀のドイツでの物語

老学者ファウストは、学問など無駄だったと嘆き、毒を飲もうとしている。そこに悪魔メフィストフェレスが現れ、欲しいのは金か名誉かと聞く。失った青春の快楽を望むファウストに、メフィストフェレスはそれを与える代償として死後の魂をわたすように言う。ためらうファウストだったが、美しい娘マルグリートの幻影に魅せられ、悪魔との取引に応じる。薬を飲んだファウストは一瞬で若者になる。

祭りで賑わう広場。ヴァランタンは明日戦地に向かうが、一人残していく妹マルグリートを心配している。そこにメフィストフェレスがやって来て人々に近づくが、悪魔であることがばれて退散する。一方ファウストはマルグリートに愛を告白。しかし慎み深く断られる。

ファウストとメフィストフェレスはマルグリートの家の前に宝石の入った箱を置く。マルグリートは美しい宝石を見て驚く。隣人のマルトと話しているところにファウストとメフィストフェレスが戻って来る。ファウストはマルグリートを、メフィストフェレスはマルトを、それぞれ口説く。頑ななマルグリートも、最終的にファウストの愛を受け入れる。

ファウストの子どもを身ごもったマルグリートが教会で祈っている。去って行ったファウストを忘れられずにいるマルグリートを悪魔たちの合唱が包む。

広場には兵士たちが集まっている。ヴァランタンも帰って来たが、妹が未婚の母になったことを知って激怒する。マルグリートへの行いを後悔するファウストだが、妹を弄んだことに怒るヴァランタンとは決闘となる。悪魔の力を借りたファウストに負け、ヴァランタンは命を落とす。

ファウストはワルプルギスの夜の騒ぎのなかに連れて来られる。ファウストは踊る美女たちのなかにマルグリートの幻影を見る(バレエの場面)。

ファウストはマルグリートのもとへ。彼女は生まれた子どもを殺した罪で囚われている。二人は再会を喜ぶが、マルグリートはすでに正気を失っていた。ファウストとメフィストフェレスは、マルグリートを牢から逃れさせようとするが、彼女はそれを頑なに拒む。やがてマルグリートの魂は昇天し、メフィストフェレスは大天使ミカエルの前に倒される。

©ROH/Bill Cooper, 2014
©ROH/Bill Cooper, 2014
©ROH/Bill Cooper, 2014
©ROH/Catherine Ashmore, 2011