「オテロ」全4幕

G.ヴェルディ作曲
「オテロ」全4幕

(上演時間約3時間15分 休憩1回含む)

指揮 :アントニオ・パッパーノ
演出 :キース・ウォーナー
©2017 ROH. Photographed by Catherine Ashmore

ストーリー

5世紀末のキプロス島での物語

嵐の夜、キプロスの総督オテロはトルコ艦隊に打ち勝ち帰還する。勝利の歓喜のなか、ヤーゴは自分を差し置いて副官になったカッシオを妬み、その恨みを任命者オテロに向けている。一計を案じたヤーゴに酒を無理強いされたカッシオは、酔った挙句にモンターノを傷つけ、オテロから罷免される。

ヤーゴは消沈するカッシオに、オテロの妻デズデモナにとりなしを求めることを勧める。これもヤーゴの企みにほかならない。ヤーゴはカッシオがデズデモナと話している様子をオテロに告げ、さも二人が不貞をはたらいているかのように暗示するのだ。妻を愛するがゆえに疑念を抱き始めるオテロに、デズデモナはカッシオへの赦しを願う。ますます疑念を深めたオテロに、ヤーゴはデズデモナのハンカチをカッシオが持っているのを見たと作り話を吹き込む。もはやオテロの疑念は激怒へと変わる。

事態の進展や夫の心情に気づかないデズデモナは、再度オテロにカッシオの赦しを請う。オテロは自分が贈ったハンカチの行方を詰問するが、デズデモナは答えることができない。実はそのハンカチはデズデモナが落とした際に女中のエミリアが拾ったのだが、夫ヤーゴが奪い取ってしまったのだった。

いよいよヤーゴの計略の総仕上げが始まる。ヤーゴはオテロに、物陰からカッシオと自分が例のハンカチを手に話す様子を見せる。妻の不貞が証明されたと確信したオテロは、妻を殺すことを決意する。ちょうどそのとき、ヴェネツィアからの使者が訪れ、オテロはヴェネツィアに帰任、キプロスの後任の総督にはカッシオが任命される。怒りと嫉妬に燃えるオテロは、人々の前でデズデモナを罵倒する。

夫の言動に不吉な予感を覚えながら寝室で床に就く用意をするデズデモナは、女中に死んだら婚礼の衣装を着せてほしいと告げる。やがて現れたオテロは、カッシオとの不倫を責め立て、デズデモナを殺害する。その直後に、エミリアがハンカチは夫が奪ったものと証言し、カッシオに殺されたロデリーゴが死ぬ前にヤーゴの陰謀の全てを白状したことが明らかになる。すべてを知ったオテロは自害し、妻の遺体に最後の接吻を求めながら息絶える。

©ROH. Photographed by Catherine Ashmore
©ROH. Photographed by Catherine Ashmore
©2017 ROH. Photographed by Catherine Ashmore