NBS News Web Magazine
毎月第1水曜日と第3水曜日更新
NBS日本舞台芸術振興会
毎月第1水曜日と第3水曜日更新
Photo: Kiran West

2020/11/18(水)Vol.410

ハンブルク・バレエ団3年ぶりの来日
2020/11/18(水)
2020年11月18日号
TOPニュース
バレエ

Photo: Kiran West

ハンブルク・バレエ団3年ぶりの来日

ノイマイヤーが描く
21世紀の『アンナ・カレーニナ』

ジョン・ノイマイヤー率いるハンブルク・バレエ団が3年ぶりに来日する。コロナ禍という試練の中で、舞台芸術の力を改めて見つめる日々が続くが、今回の3演目も期待を裏切らないことは確実だ。まずは2017年初演の『アンナ・カレーニナ』に注目しよう。

豪奢な毛皮の外套をまとった貴婦人と、軍服に身を包んだ青年士官。19世紀ロシアの文豪レフ・トルストイの有名小説から、まず浮かぶイメージはそれかもしれない。バレエ・ファンならご存知のように、帝政時代の貴族社会とバレエの相性は抜群で、過去にも複数の作品が誕生している。だがノイマイヤーの「アンナ・カレーニナ」は時を現代に移し、かつてないほどのスケール感で観客の前に立ち現れる。
幕が上がると、大きな歓声と拍手が客席に向かってあふれ出る。巨大なポスターの下、再選を目指す政治家カレーニンを取り巻いて支持者やジャーナリストたちが入り乱れ、アンナは息子セリョージャとともに夫に寄り添い、理想の家族を体現している。
SPに守られて広い邸宅に暮らす一家だが、そこで2人になった時、夫婦のぎこちなさが露呈する。孤独を抱えるアンナは、兄スティーヴァの家に向かう途中の駅で偶然出会った青年ヴロンスキーに強く惹かれる。ラクロスのスター選手である彼は、女性たちの視線を集める華やかな存在。激しい恋に落ちる2人の物語と時に交わりながら、夫の浮気に悩む兄嫁ドリーの物語、ヴロンスキーに去られたことで心を病み、やがて農場主のリョービンと家庭を築くキティの物語が、3本の流れのように綴られてゆく。

Photo: Kiran West

ラクロスのチームの開放的でスポーティな踊りや優雅なパーティー、リョービンの農場での労働者たちの踊りが舞台を彩り、その一方でアンナと息子との無邪気なやりとりや、ヴロンスキーとのデュエット、彼との子を産む痛みに満ちた場面などが、1人の女性としてのアンナを立体的に浮かび上がらせる。第1幕、急速に恋の炎を燃え上がらせるアンナとヴロンスキーの踊りは、情熱にかすかな不安が絡みスリリングな美しさ。第2幕の冒頭、ヴロンスキーと彼のもとに身を寄せたアンナのパ・ド・ドゥは、幸福感に満ちている。終幕近くの劇場の場面では、オペラ『エフゲニー・オネーギン』の歌声の中、居場所を失い怯えるアンナの姿が、鋭く心に刺さる。

アクリスのデザイナー、アルベルト・クリームラーによる衣裳が、アンナ役のダンサーの身体と動きを最大限に引き立てる。組曲第1番や弦楽四重奏曲をはじめとするチャイコフスキーの音楽、アルフレート・シュニトケの映画音楽、キャット・スティーヴンス/ユスフ・イスラムのフォーク・ソングなどが、原作に通じる重層的な構造を支えている。ポップな歌を背景にトラクターを操るキティの姿は、微笑ましくも逞しい。
過去に観た幾つかのバレエ作品では、アンナの最期に向かって高まる感情表現や振付が印象に残った。初めて観る方のために詳述は避けたいが、ノイマイヤーの描くその瞬間は、衝撃的でありながらも静かで、寂寥感さえ漂うものだ。彼女の存在が周囲の人々に残したものは何だったのか。見終えて心に波紋が広がる、21世紀の『アンナ・カレーニナ』に期待したい。

新藤弘子 舞踊評論家

ハンブルク・バレエ団「アンナ・カレーニナ」の動画はこちらから

◾️ハンブルク・バレエ団2021年日本公演概要はこちらから
https://www.nbs.or.jp/publish/news/2020/11/20201104-01.html