2020/06/16 2020:06:16:10:42:30[バレエの祭典]

第31回 シーズン・ラインナップ

最高峰のスターの祭典"バレエフェス"を筆頭に、ハンブルク、BBL&東京バレエ団、ENB、シュツットガルトが選り抜きのレパートリーで競演する、プレミアムなシーズンをお約束!

2演目

現代の生きる伝説、ジョン・ノイマイヤーの2作品を披露

鋭い美意識と深い人間洞察にもとづく創作が、現代の生ける伝説になりつつある振付家ジョン・ノイマイヤー。選り抜きのダン サーたちが踊る、ハンブルク・バレエ団のその緻密な舞台は、バレエファンの熱い支持を集めています。来春の公演では、文豪トルストイの名作をもとにした「アンナ・カレーニナ」と、ノイマイヤー自らが構想・演出、語りも務める〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉。つねにスタンディングオベーションに包まれる感動のステージにご期待ください。

※当初予定していた演目から一部変更が生じております。詳しくはこちらから

ジョン・ノイマイヤー振付
「アンナ・カレーニナ」

Photo: Kiran West

ガラ公演
〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉

Photo: Kiran West
ジョン・ノイマイヤー
(芸術監督)
Photo: Kiran West

1演目

ダンス、管弦楽、合唱が響き合う壮大なスペクタクル!

モーリス・ベジャール・バレエ団と東京バレエ団、合計80人余のダンサーに、オーケストラとソロ歌手、合唱団を加えた、総勢350人に及ぶアーティストの力を結集して上演される、空前絶後のスペクタクル。それが、巨匠モーリス・ベジャールが楽聖ベートーヴェンの名曲を使って創作した「第九」です。もともとスタジアムや野外を想定し、メキシコ・オリンピックの関連イベントとしても 開催された歴史的名作が、2014年に東京で復活。ヨーロッパでも大旋風を起こして、東京に戻ってきます!

モーリス・ベジャール振付
ベートーヴェン 「第九」

Photo: Kiyonori Hasegawa
Photo: Kiyonori Hasegawa
出演: 東京バレエ団×モーリス・ベジャール・バレエ団
指揮: 梅田俊明
管弦楽: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
独唱: 高橋維(ソプラノ)
加藤のぞみ(メゾ・ソプラノ)
城宏憲(テノール)
今井俊輔(バリトン)
合唱: 東京オペラシンガーズ
モーリス・ベジャール
Photo: Yoshihiro Kawaguchi
ベートーヴェン

2演目

バレエ界に新風を起こすENBが、話題のアクラム・カーン版「ジゼル」を携えて再上陸!

英国ロイヤル・バレエ団のスターだったタマラ・ロホが芸術監督に就任して以来、アリーナ・コジョカルらのスターを新たに擁し、大胆な企画を打ち出して大躍進を遂げたロンドン第二のバレエ団、イングリッシュ・ナショナル・バレエ。2021年日本公演では、ヌレエフ振付の大作「ロミオとジュリエット」と、オリヴィエ賞他、舞台芸術のあらゆる賞を総なめにして話題を巻き起こしたアクラム・ カーン振付「ジゼル」がいよいよ本邦上陸。今回もENB旋風を巻き起こします!

ルドルフ・ヌレエフ振付
「ロミオとジュリエット」

Photo: Laurent Liotardo

*オーケストラによる演奏(「ロミオとジュリエット」のみ)

アクラム・カーン振付
「ジゼル」

Photo: Laurent Liotardo
タマラ・ロホ (芸術監督)
Photo: Jeff Gilbert

2演目

世界のトップダンサーが集結する熱狂の夏。〈バレエフェス〉は見逃せない!

3年に一度東京で開催され、「バレエの五輪」とも称される世界でもっとも豪華なバレエの祭典、〈世界バレエフェスティバル〉。これまでパリ・オペラ座バレエ団、英国ロイヤル・バレエ団、ボリショイ・バレエをはじめ有名バレエ団を代表するスターが東京に集結、2週間 に渡って繰り広げられてきた。出演者の人数など規模の大きさはもちろん、スターたちが意地を賭けて見せる妙技 の数々とボルテージの高さまで、すべてがプレミアムです。数々の伝説を積み重ねてきたステージで、旬のスターたちの豪華な 舞をご堪能ください。

Aプロ/Bプロ

前回のカーテンコールより

Photo:Kiyonori Hasegawa
Photo:Kiyonori Hasegawa

*オーケストラによる演奏(一部、特別録音による音源使用)

2演目

ドラマティック・バレエの総本山がマクミラン「うたかたの恋」を日本で初上演!

ドラマティック・バレエの伝統をもつドイツの名門、シュツットガルト・バレエ団。2022年の公演に予定されているのは、目の覚めるような美しい美術と、悪役カラボスにエネルギッシュな見せ場を与えて古典をあざやかに演出したハイデ版の「眠れる森の美女」。そして英国のドラマティック・バレエの雄、ケネス・マクミランがオーストリア皇太子の悲劇を描いた「うたかたの恋」が登場。いずれも物語バレエファンにはたまらない2作です!

マリシア・ハイデ振付
「眠れる森の美女」

Photo: Bernhard Weis

ケネス・マクミラン振付
「うたかたの恋」

Photo: Bernhard Weis

*オーケストラによる演奏(2演目とも)

タマシュ・デートリッヒ (芸術監督)
Photo: Roman Novitzky

NBSチケットセンター
〈バレエの祭典〉プレミアム・シーズン係
03-3791-8888
〒153-0063 東京都目黒区目黒4-26-4
(月~金 10:00~16:00、土日祝休)

東京バレエ団  「ジゼル」全2幕
  • 2021/02 会場:東京文化会館