What's NewNews List

2017/09/16 2017:09:16:18:00:00

【速報】ローマ歌劇場2018 年日本公演 


 弊財団では2018年にローマ歌劇場を4年ぶりに招聘いたします。このたび、公演日時、会場、主な配役が決定いたしました。
 前回大きな感動をまきおこした名門歌劇場が、イタリア・オペラの二大作曲家、ヴェルディ、プッチーニの傑作を携えてふたたび日本に帰ってきます。
 今回の来日では『椿姫』、『マノン・レスコー』という、"ファム・ファタール"(宿命の女)の代名詞ともいえるヒロインを扱った2つのオペラを上演します。その2作品の演出をつとめたのは今をときめく女性演出家たち。現地で大評判となった美しくドラマティックな舞台を日本初披露! どうぞご期待ください!

                                                      


ヴェルディ作曲 『椿 姫』

tra1.jpg


【公演日程・会場】 

2018 年
9月9日(日) 15:00   東京文化会館
9 月12日(水) 15:00 東京文化会館
9 月15日(土) 15:00    東京文化会館

sofia.jpg

【指揮】 ヤデル・ビニャミーニ



【演出】 ソフィア・コッポラ

映画監督フランシス・フォード・コッポラを父に持つ。アカデミー賞やカンヌ映画祭、ヴェネツィア国際映画祭では、脚本、演出、制作、監督として常に注目を集めている。
ローマ歌劇場での『椿姫』は、オペラの演出家としてのデビュー作。




【指揮者・主な配役】

tra2.jpg


プッチーニ作曲『マノン・レスコー』

manon1.jpg


【公演日程・会場】
 
2018 年
9 月16日(日) 15:00 神奈川県民ホール
9 月20日(木) 15:00 東京文化会館
9 月22日(土) 15:00 東京文化会館

kiara.jpg

【指揮】 ドナート・レンツェッティ



【演出】 キアラ・ムーティ

指揮者リッカルド・ムーティを父にもつ。1995 年に女優デビュー。1996 年にはプレミオ・アンナ・マグナーニに、97 年には批評家からイタリアにおける最優秀若手女優に選ばれた。
2012 年ヒンデミット作曲『聖スザンナ』でデビュー以来、オペラ演出家としても活躍している。



【指揮者・主な配役】

manon2.jpg

一斉前売開始 2018 年3月下旬予定



*上記の演目および出演者は、2017年9月16日現在の予定です。今後、出演団体側の事情等により変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。