What's NewNews List

2017/02/01 2017:02:01:10:00:00

オペラ座&ロイヤル夢の共演<バレエ・スプリーム>公演概要決定

オペラ座&ロイヤル 夢の共演
〈バレエ・スプリーム〉
BALLET SUPREME

■予定される出演者

【パリ・オペラ座バレエ団】
レオノール・ボラック(パリ・オペラ座バレエ団エトワール) 
マチアス・エイマン(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)
ジェルマン・ルーヴェ(パリ・オペラ座バレエ団エトワール) 
ミリアム・ウルド=ブラーム(パリ・オペラ座バレエ団エトワール) 
フランソワ・アリュー(パリ・オペラ座バレエ団プルミエ・ダンスール) 
ユーゴ・マルシャン(パリ・オペラ座バレエ団プルミエ・ダンスール)
オニール八菜(パリ・オペラ座バレエ団プルミエール・ダンスーズ)

【英国ロイヤル・バレエ団】
スティーヴン・マックレー(英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル)
フェデリコ・ボネッリ(英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル)
フランチェスカ・ヘイワード(英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル)
サラ・ラム(英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル)  
ヤーナ・サレンコ(英国ロイヤル・バレエ団ゲスト・アーティスト) 
髙田茜(英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル) 
マルセリーノ・サンベ(英国ロイヤル・バレエ団ソリスト)
ベンジャミン・エラ(英国ロイヤル・ バレエ団ファーストアーティスト)

■公演日程
Aプロ
7月26日(水) 18:30 
7月27日(木) 18:30 

Bプロ
7月29日(土) 13:00 
7月29日(土) 18:00.
7月30日(日) 14:00 

■予定される演目
「白鳥の湖」、「ドン・キホーテ」、「ロミオとジュリエット」、「ジゼル」などのパ・ド・ドゥをはじめ、ヌレエフ、バランシン、アシュトン、マクレガー、ウィールドンによる振付作品の数々を予定
※演奏は特別録音による音源を使用します。

■会場:文京シビックホール(都営地下鉄「春日」/東京メトロ「後楽園」下車)  

■入場料(税込み): S=\19,000 A=\17,000 B=\15,000 C=\12,000 D=\9,000 

■NBS WEBチケット先行発売[座席選択 S~C]: 3/21(火)21時~3/27(月)18時

■一斉発売:4/8(土)10時~

■チケットのお申し込み/お問い合わせ 
NBSチケットセンター 03-3791-8888 (平日10:00~18:00、土曜10:00~13:00)

■主催:公益財団法人日本舞台芸術振興会  後援:文京シビックホール(公益財団法人文京アカデミー)


チケットご購入の前に必ずお読みください。
※出演者は2017年1月30日現在の予定です。ダンサーの怪我等により変更になる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。出演者・演目変更によるチケットの払い戻し、日にち変更等はお受けできません。最終的なプログラムは公演当日に会場で発表します。


-----------------------------------------------------------------------

※昨夏、第27回〈バレエの祭典〉プレミアム・シーズンのラインナップ発表時に、本公演の"オペラ座"チームの代表としてオレリー・デュポンが参加するとお知らせいたしましたが、デュポン自身から、下記のような事情によってダンサーとして出演できない旨の申し出がありました。しかしながら本人も述べておりますように、デュポンはオペラ座チームのスーパーバイザーとして公演に関わってまいります。なにとぞご了承いただきますようお願い申し上げます。


オレリー・デュポンからのメッセージ

今回のプロジェクトは、私にとって新たな試みであり、私が選んだオペラ座のダンサーとともにプログラムを考え、準備を進め、皆様にお見せすることはとてもエキサイティングなことだと思っています。
このプロジェクトを提案された時は、もちろん、私自身もダンサーとして出演するつもりでした。
しかしながら、パリ・オペラ座バレエ団の芸術監督に着任したことにより、私がこの公演に参加することは出来ないだろうということがいまわかってきました。私が思うとおりに十分な準備をする時間が取れないからです。
もう踊るのをやめるということではありませんが、時間が足りないのです。私はいつも、日本の観客の皆様に素晴らしい舞台をお見せしたいと強く願っておりますので、今回は舞台に立つことを控えさせていただきたいという結論に至りましたことを、どうぞご理解くださいますようお願いいたします。
舞台には立ちませんが、私自身、スーパーバイザーとして、このプロジェクトに関わっていきます。プログラミング、リハーサルなどを通じて、私の選んだダンサーたちが素晴らしいパフォーマンスを皆様にお届けできるよう、惜しみなく、全面的にサポートするつもりです。
皆さまが、パリ・オペラ座バレエ団のダンサーたちとスティーヴン・マックレーを中心とするロイヤル・バレエ団のダンサーたちとの共演をお楽しみいただきますよう、心より願っております。

敬意をこめて
オレリー・デュポン


C'est un nouveau projet pour moi.
Je trouve très excitant de mettre en place un programme avec les danseurs de l'Opéra que j'ai choisi, et de vous proposer un programme que j'ai pensé avec eux.
Biensur, lorsque l'on m'a proposé le projet, je souhaitais danser avec eux.
Avec mes nouvelles fonctions a la direction de l'Opera, j'ai vite réalisé que je ne pourrai pas participer a ces spectacles car je n'ai pas le temps de me preparer correctement, comme je voudrai.
Cela ne veut pas dire que j'arrête de danser mais je n'ai pas assez de temps.
J'ai toujours très envie de presenter de jolis programmes au public japonais et je vous demande de bien vouloir comprendre la decision que j'ai pris de m'abstenir de danser cette fois ci.
Je ne serai pas présente sur scene, mais je continue de participer au projet en tant que superviseur.
Je vais faire tous mes efforts pour aider les danseurs que j'ai choisi, en programmation, en repetitions, etc... afin qu'ils vous présentent une tres belle soirée.
J'espère de tout mon coeur que vous apprécierez les spectacles réalisés ensemble par les danseurs de Ballet de l'Opera de Paris et les danseurs dirigés par Steven McRae du Royal Ballet.

Respectueusement
Aurelie Dupont